東京ドームに飲食の持ち込みはOK?良いものとダメなもの

東京ドームで野球観戦する際、飲食物を持ち込みたい人は多いと思います。

ドーム内で買うと高くつきますし、それほど量が多いわけでもありません。

東京ドームへの飲食持ち込みはOK?

スポンサードリンク

東京ドームへの飲食持ち込み

まず、東京ドーム公式サイトの飲食持ち込みについての記載は以下のようになっています。

▼持ち込み禁止物
・ビン
・缶
・ペットボトル(凍らせたもの・500mlを超えるもの)

裏を返せば、これら以外の飲食物なら持ち込みOKということになります。

コンビニやスーパーなどのお弁当、お菓子、ファーストフードのメニューなど、まず食べ物の持ち込みはすべてOKです。

飲み物についても、ビンや缶、上記のペットボトル以外はすべて持ち込みOKとなります。

ペットボトルについては、500mlを「超えるもの」がNGなので、500mlのペットボトルならOKです。

東京ドーム内の売店はすべて割高となっているので、お金を節約したければ飲食物は積極的に持ち込んだ方がいいです。

東京ドーム内で買うと、例えばビールはどれも800円、お弁当は1000円以上が通常です。

・食べ物→近くのコンビニやスーパーでお弁当やお菓子を買っていく

・飲み物→500mlのペットボトルを2~3本ほど買っていく

などの方法で、ドーム内で買う食べ物・飲み物は最低限に抑えましょう。

※ドーム周辺は大変混雑するので、地元のコンビニやスーパーなどで買っていくのがベストです。

スポンサードリンク

なお、持ち込む飲み物は紙パックの飲み物でもかまいませんが、東京ドームは座席の間が非常に狭く、置き場所に苦労するかもしれません。

ドリンクを置くホルダーも1つの席に1つしかないので、あまりたくさん持ち込んでしまうと、観戦や周りの人の迷惑となります。

もしこぼしてしまったら下の方まで流れていってしまい、恥をかくことにもなりかねません。

飲み物は500mlのペットボトルを数本、もしくは水筒の持ち込みもOKということで、水筒に飲み物を入れて持ち込むといいです。

ちなみにビールについては、缶の持ち込みは禁止されていますが、入口付近で配布される紙コップに移し替えて持ち込むことができます。

ドーム内でビールを飲みたい場合、「缶ビール」として買っていき、入口付近でもらえる紙コップに移し替えるといいです。

もちろん、ビール以外も紙コップに移し替えることはできますが、上でも書いたとおり座席横のホルダーは数が非常に少ないので、紙コップで持ち込むのはビールなどのお気に入りの飲み物だけにしておいた方がいいです。

今回のまとめ

東京ドームへの飲食持ち込みについて解説してきました。

東京ドームへのビンや缶、一部のペットボトルの持ち込みが禁止されているのは、試合中にグラウンドに投げ込まれ、選手がケガをするおそれがあるためです。

凍らせたものの持ち込みが禁止されているのも同様の理由となるでしょう。

くれぐれも、これらのものをドーム内に持ち込み、投げつけたりしないようにしてくださいね。

もちろん、応援バットやメガホンなども同様です。

スポンサードリンク

コメント