いい情報.com

かゆい所に手が届く「いい情報」を提供しています

健康・医学

加湿器の使用で結露が発生するのはなぜ?その対策は?

829fbac6b355657ae37b50bb6dc67b61_m

乾燥する冬場には重宝する加湿器

ただ、使い過ぎは結露の原因になり、
窓際にカビが発生してしまったり、
時には健康被害を引き起こすことも。

今回の記事では、
加湿器の使用で結露が発生する理由、
また、その対策について書いていきます。

加湿器の使用で結露が発生するのはなぜ?

45af73d9ea1d6c9704a3f7495413310a_m

結露が発生する仕組みはやや複雑ですが、
加湿器を使用する冬場に限定して考えれば、
空気中の水蒸気が冷たい窓ガラスに触れ
水蒸気が水滴に変化することで発生します。

冬場でも部屋の中は比較的暖かいですが、
それでも窓際は外部から冷却されるため、
温度が低い(寒い)ことが多いです。

この「窓際の温度が低い」こと。
これが結露が発生する原因です。

そして、加湿器を使用すればするほど、
空気中の水蒸気が増えることになるので、
これが次々と冷たい窓ガラスに触れれば、
それだけ多くの結露が発生するわけです。

もちろん加湿器を使用しなくても、
空気中の水蒸気が増えれば結露は発生します。

ただ、お風呂場を開けっ放しにするとか、
そういうことを除けば、加湿器の使用は、
空気中の水蒸気が増える最大の原因でしょう。

結露の対策は?

ただ、そうは言っても、
冬場なら加湿器は必要ですし、
使用をやめるわけにはいきません。

そこで、加湿器を使用しつつ、
結露を防止する方法
を紹介します。

冬場に結露が発生するのは、

空気中(室内)の水蒸気が、
冷たい窓ガラスに触れるから。

でした(かなり単純化しています)。

ということは、結露を防止するには、

・空気中の水蒸気を減らす
・窓ガラスを冷たくしない
・水蒸気を窓ガラスに触れさせない

これらをすればokです。
以下、簡単に解説していきます。

◇空気中の水蒸気を減らす

空気中の水蒸気を減らすためには、
乾燥した空気を取り込めばいいわけです。

ということで、少し寒いのが難点ですが、
窓を定期的に開けて換気をしましょう。
シンプルな方法ですが、効果は絶大です。

また、当然のことですが、
加湿器を使い過ぎないことも重要です。

適切な湿度というものがありますので、
湿度計などを使ってそれを計測し、
その湿度になったら加湿器の電源をoffにしましょう。

◇窓ガラスを冷たくしない

窓ガラスを冷たくしないためには、
外部からの冷却を防止すればいいので、
窓を二重窓にリフォームしたり、
窓際にヒーターを設置するといいです。

ただ、これはお金がかかるので、
あまり現実的な方法ではありません。
そこで、窓ガラスはここではスルーです。

◇水蒸気を窓ガラスに触れさせない

最後の方法になりますが、
これは手っ取り早い方法なら、
窓にカーテンを設置することです。
(すでにあればそれを閉めます)

窓が完全に覆われるように、
正しくサイズを計測してから、
カーテンを買いに行きましょう。

また、カーテンではなく、
市販の結露防止シートもオススメです。
一応100均でも購入することができます。

また、このような対策が面倒でも、
最悪これだけはやってほしいこと。
それは、加湿器を窓から遠ざけることです。

窓ガラスに触れる水蒸気を物理的に減らせば、
それだけ結露の発生を防止することができます。
加湿器は部屋の真ん中に置くのをオススメします。

加湿器の使用で結露が発生するのはなぜ?その対策は? まとめ

d1f4debec25cbc3eb8c0d144387cb236_m

せっかく加湿器を使用していても、
発生した水蒸気が水滴になってしまっては、
部屋はいつまでも乾燥したままです。

加湿器を使用するなら、
結露対策は必要不可欠です。

窓を定期的に開けて換気をしたり、
加湿器の置き場所を工夫したり、
お金をかけなくても対策はできます。

それでも結露が発生してしまったら、
すぐに拭き取るようにしましょう。
カビの原因、ひいては健康被害を引き起こします。

-健康・医学