いい情報.com

かゆい所に手が届く「いい情報」を提供しています

雑学・知恵袋

湯たんぽのお湯を再利用する方法7選!ちょっとの工夫で簡単節約!

2017/03/22

寒い冬には欠かせない”湯たんぽ”

身体が温まるのはもちろんのこと、
冷え性の改善不眠の解消など、
さまざまな効果がありますよね。

最近はデザインが可愛いものも多く、
”湯たんぽブーム”なるものが、
ひそかに到来してきているとか。

そんな生活に身近な湯たんぽですが、
使い終わった後のお湯はどうしてますか?

毎日2.5~3リットルほど使うとなると、
一冬にしたらそれなりの量になり、
なんか捨ててしまうのは勿体ない…と、
感じている人も少なくないと思います。

そこで、今回の記事では、
湯たんぽのお湯(=残り湯)を
再利用する方法7選
を紹介します!

Sponsored Link

湯たんぽのお湯を再利用する方法はこれ!

普段の生活を振り返ってみれば、
意外と使い道はたくさんあります。

一つずつ確認していきましょう。

◆洗濯に使う

残り湯の活用方法としては定番。

ぜひ湯たんぽの残り湯についても、
一緒に洗濯に使ってしまいましょう。

粉末洗剤を溶かすのにも使えますよ。

◆洗顔に使う

熱すぎず、冷たすぎず、
ちょうどいい感じの温度の
”ぬるま湯”になっている、
湯たんぽのお湯(残り湯)。

顔を洗って目を覚ましたいけど、
冷たすぎるのはちょっと無理…
という人にはピッタリですよ。

◆掃除に使う

洗顔に使うのは少し抵抗がある…
という人は、バケツに移し替えて、
その日の掃除に活用するといいです。

年末ならば、大掃除のシーズンですね。

残り湯でお掃除」を習慣にして、
毎日少しずつでもやっていけば、
大晦日に慌てて掃除せずに済みます。

◆食器洗いに使う

残り湯を、洗い桶などに移し替えて、
そこに朝食で使った食器を漬けておく。

食器の汚れが落ちやすくなって、
食器洗いがスムーズに進みますよ。

Sponsored Link

◆車のガラスにかける

寒い日の朝に出かけようとすると、
よく車のガラスが凍っていますよね。

これを溶かすのにピッタリなのが、
ぬるま湯の状態になっている
湯たんぽの残り湯です。

ガラスは急激な温度変化に弱いので、
熱湯をかけて溶かすのは危険ですが、
湯たんぽの残り湯ならその心配は無用。

解氷には最適の温度になっていますよ。

◆加湿器に入れる

冬場は空気が非常に乾燥する時期。

もし家で加湿器を使っているなら、
残り湯を加湿器に入れるのもアリです。

水蒸気になるまでお湯を使い倒す…。
まさに「究極の節約」といえますね。

◆植物にあげる

これといって使い道がない…
というのであれば最後の手段。

植物にあげてしまいましょう。

ガーデニングの植物にあげたり、
室内に観葉植物を置いているなら、
その水やりに使ってもいいですね。

以上、再利用する方法7選でした。
ぜひ普段の生活を見返してみて、
自分に合った方法を見つけて下さい。

湯たんぽのお湯の再利用で節約を!

湯たんぽ一度に使うお湯の量は、
お風呂や洗濯などに比べれば、
それほど多いわけではありません。

ただ、”塵も積もれば山となる”
ということで、一冬にすれば、
かなりの量になってきます。

もし勿体ないと感じているなら、
今回紹介した方法を参考に、
再利用を検討してみて下さいね。

-雑学・知恵袋