湯たんぽのお湯を再利用する方法7選!ちょっとの工夫で簡単節約!

公開日:  最終更新日:2018/01/08

寒い冬には欠かすことのできない、湯たんぽ

体が温まることはもちろんのこと、冷え性の改善や不眠の解消など、
さまざまな効果があることで知られています。

最近はデザインの可愛いものも多く、密かな「湯たんぽブーム」が到来してきているのだとか。

そんな便利な湯たんぽですが、使い終わった後のお湯、どうしてますか?

毎日2~3リットルほど使うとなると、一冬にしたらかなりの量になり、
捨ててしまうのはもったいない…と感じている人も少なくないと思います。

今回の記事では、そんな湯たんぽのお湯を再利用する方法について紹介します!

スポンサードリンク

湯たんぽのお湯を再利用する方法7選

日ごろの生活を振り返ってみれば、意外と使い道はたくさんあります。

以下から1つずつ見ていきましょう。

◆洗濯に使う

残り湯の活用方法としては定番。

湯たんぽの残り湯についても、洗濯に使ってしまいましょう。

粉末洗剤などを溶かすのにも使えます。

◆洗顔に使う

熱すぎず冷たすぎず、いい感じのぬるま湯状態になっている湯たんぽの残り湯。

朝、顔を洗って目を覚ましたいけど、冷たすぎるのは無理…

という人にはピッタリですよ。

◆掃除に使う

洗顔に使うのは少し抵抗がある…という場合には、
バケツなどに移し替えて、その日の掃除に活用するといいです。

特に年末ならば、大掃除のシーズン

湯たんぽの残り湯で掃除をするのを定番にして、毎日少しずつやっていけば、
大晦日になって慌てずに済みますよ。

◆食器洗いに使う

湯たんぽの残り湯を洗い桶などに移し替えて、そこに朝食などで使った食器を漬けておく。

食器についた汚れが落ちやすくなって、食器洗いがスムーズに進みますよ。

スポンサードリンク

◆車の窓ガラスにかける

寒い日の朝に出かけようとすると、車の窓ガラスが凍っていることがありますよね。

これを溶かすのに使えるのが、ぬるま湯状態になっている湯たんぽの残り湯です。

ガラスは急激な温度変化に弱いので、熱湯をかけるのは危険ですが、
湯たんぽの残り湯ならその心配はありません。

解氷に最適な温度となっています。

◆加湿器に入れる

冬場は空気が乾燥しますが、もし加湿器を使っているなら、
湯たんぽの残り湯を加湿器に入れるのも一案です。

水蒸気になるまで残り湯を使い倒す…

まさに究極の節約術といえますね。

◆植物にあげる

これといって使い道がなければ、最後の手段です。

植物にあげてしまいましょう。

ガーデニングの植物にあげてみたり、部屋に観葉植物を置いているなら、
その水やりに使うのもいいですね。

以上、湯たんぽのお湯を再利用する方法7選でした。

湯たんぽに使うお湯の量は、お風呂や洗濯などに使うお湯の量に比べれば、
それほど多いわけではありません。

ただ、「塵も積もれば山となる」ということで、
一冬にすればかなりの量になってきます。

もしもったいないと感じているなら、ぜひ再利用を検討してみてくださいね。

 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑