初詣のおみくじ!回数は?何回でも引いていい?

公開日:  最終更新日:2018/01/08

初詣で参拝した後に引く、おみくじ

吉や大吉などが出ればいいですが、凶や大凶などが出ると悔しくて、
つい何回も引き直してしまうもの。

できれば大吉を引き当てて、新年をいい気分でスタートしたい!

という気持ちはとても分かりますが、そもそもおみくじというのは、
何回も引いていいものなのでしょうか?

スポンサードリンク

初詣のおみくじ 回数は?何回でも引いていい?

そもそも「おみくじ」というのは、参拝での願い事に対する、神様・仏様からのメッセージです。

参拝での願い事と独立して、おみくじがあるのではありません。

通常おみくじを引くタイミングが、参拝前ではなく参拝後なのは、これが理由です。

したがって、基本的には、

・1回の参拝につき、おみくじは1回のみ

これが原則となります。

ただし、おみくじはお守りなどとは異なり、複数持つのが悪いということはありません。

これがお守りの場合、

複数持つと神様同士が喧嘩してしまう

と言われることがありますが、これはおみくじには当てはまりません。

したがって、もう一度参拝した上で、おみくじを引き直す分には何も問題はありません。

できれば違う神社やお寺で参拝するのが望ましいですが、
同じ神社やお寺で参拝するのが悪いわけではありません。

スポンサードリンク

大切なのはおみくじの内容

おみくじは何回引いてもいいので、とにかく大吉が出るまで引きまくる…

というのも悪くありませんが、大切なのは吉凶ではなくおみくじの内容です。

たとえ同じ結果であっても、書いてある内容はそれぞれ違います。

おみくじの内容を確認した上で、もう一回引き直す分には問題はありませんが、
吉凶を確認しただけで、すぐ木などに結びつけてしまうのは神様・仏様に失礼というものです。

初詣での参拝後、おみくじを引いたら、
まずはその内容をしっかりと読みましょう。

そして、おみくじの内容に照らして自分の普段の生活・行動を振り返ってみて、
直すべき点、改めるべき点があれば、それを肝に銘じるようにしましょう。

2回目の参拝、おみくじを引くのはそれからです。

もちろん、それで仮に大吉を引き当てても、
内容はしっかりと確認する必要があります。

神社やお寺によっては、おみくじの吉凶をすべて大吉にしているところもあるので、
大吉を引き当てて満足していてはいけません。

おみくじに書かれた神様からのメッセージを正確に読み取り、
一年の生活に役立てていきましょう!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑