初詣に行かない人が増えている?その理由とは?

公開日:  最終更新日:2018/01/08

一年の無事と平安を祈願する、初詣

あるアンケート調査によると、全体の70%以上の人が「行く」と回答しており、
お正月のイベントとして定着していることが分かります。

もっとも、10~20代の若者に顕著ですが、
「行かない」という人も少なからずいます。

彼らはなぜ初詣に行かないのでしょうか?

今回の記事では、その理由について調べてみました。

スポンサードリンク

初詣に行かない理由とは?

◆人混みが嫌いだから

これはもっとも多かった理由の1つです。

初詣には70%以上の人が行く以上、当然のことながら人が殺到します。

初詣には屋台や出店なども出ており、一種のお祭り状態になっていることから、
そういう雰囲気が苦手だという人は、あまり気が進まないのでしょう。

人混みに出向くと、スリや盗難などの被害に遭ったり、
風邪やインフルエンザなどの病気をうつされるおそれもあるので、
健康や安全を第一に考えるなら、行かないのが正解かもしれません。

◆時間がかかるから

これも多かった理由の1つです。

人気の神社やお寺に行こうものなら、参拝だけで2~3時間くらいかかることも珍しくありません。

最近はネットで参拝することができる、ネット参拝というものもあるようなので、
若者を中心に、「参拝はネットで」という人も一定数いるようです。

ネット参拝には否定的な声もありますが、行きたくても行けない人もいるので、
個人的には悪くないシステムだと思います。

ただ、時間があるなら実際に神社やお寺まで足を運びたいところ。

◆彼氏・彼女がいないから

これは意外な理由ですが、直近のクリスマスの影響からか、

初詣=恋人と行くもの

という認識が一部では浸透しているのだとか。

確かに、初詣に行くとカップルで来ている人は多いです。

ただ、恋人と待ち時間の長い場所に行くと、喧嘩になりやすいのは有名な話で、
新年早々喧嘩して、雰囲気を悪くしないよう注意してほしいところです。

スポンサードリンク

◆宗教上の理由から

これは数は多くないですが、本当なら仕方ないところです。

ただ、一部では初詣の誘いを断る口実として利用されているようで、
それが本当ならあまり感心できることではないですね

以上、初詣に行かない理由について見てきました。

初詣に行かない理由はそれぞれあるようですが、

・人混みが嫌いだから
・時間がかかるから

などの理由は、行くタイミングを少しずらせば解決します。

初詣は、一般には松の内までに行けばいいとされているので、
特にこだわりがなければ、元旦などピーク時を避け、
三が日が過ぎてから行けばいいでしょう。

「松の内」とは?
・関東→1月7日(大正月)まで
・関西→1月15日(小正月)まで
など、地域によって異なる

初詣に行く・行かないは個人の自由ですが、
お正月気分を味わいたいなら、ぜひ足を運んでみてはいかがですか?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑