いい情報.com

かゆい所に手が届く「いい情報」を提供しています

行事・イベント

交通安全教室(小学校)の挨拶!話すポイントと例文について

交通安全への意識を高めるために行われる交通安全教室。

小学校で行う場合、警察署や交通安全委員会の方々を講師として招き、
講演、実演してもらうのが通常です。

今回の記事では、
そんな交通安全教室の挨拶で話すべきポイントと例文を紹介します。

Sponsored Link

交通安全教室(小学校)の挨拶

◆来校者への感謝の気持ち

交通安全教室には、警察署や交通安全委員会の方々、PTA役員、保護者など、
大勢の方が来校されることが多いです。

開会の挨拶ではまず、
忙しい中本教室に出席していただいた方への感謝の気持ちを伝えましょう。

<挨拶の例文>
みなさんおはようございます。
本日は天候にも恵まれ、絶好の交通安全教室日和となりました。
本教室のため、朝早くから本校に来校していただいた○○警察署の方々、
交通安全委員会の方々、並びにPTA役員の方々に、
まずは心より感謝の気持ちを申し上げます。
みなさんも大きな声で、「ありがとうございます!」と言いましょう。

◆交通安全教室の概要の説明

交通安全教室の概要を簡単に説明するのも定番です。

その上で、真剣に講師の方々の話を聴き、
交通安全の基本をしっかり身に着けるように言いましょう。

<挨拶の例文>
今日はまず初めに、交通安全についてのビデオを視聴し、
その後、ビデオの内容を踏まえて警察署の方々に講義をしてもらいます。
また午後からは実際に町へ出て、横断歩道の渡り方、
正しい自転車の乗り方などを実演してもらいます。
どれも極めて大切なことばかりですので、ぜひ真剣に取り組み、
交通ルールを自分のものとしてください。

基本的な交通ルール、例えば自転車の場合、
左側通行、ヘルメットの着用、二人乗りの禁止などは、
挨拶の段階で概要だけ紹介してしまってもいいです。

Sponsored Link

◆最近起こった事故の紹介

最近身近で起こった事故を例に挙げ、
交通安全の重要性命の大切さなどを伝え、
交通安全教室に臨む意識を高めていくのも大切です。

世間的にニュースになった事故を取り上げてもいいですし、
学校のある市町村で起きた事故を取り上げてもいいですね。

<挨拶の例文>
最近、私たちが暮らしている○○市で次のような事故がありました。
(中略)
これは歩行者が○○という交通ルールに違反したため起こったものです。
仮に歩行者が○○をしていれば、こんなに悲しい事故は起こりませんでした。
交通安全は、みなさんの命に関わるものです。
同じような事故を繰り返さず、みなさんの大切な命を守るためにも、
今日はしっかりと交通ルールについて勉強しましょう。

実際に起こった事故で交通ルールがどのように機能していたのかを述べ、
交通ルールを守ることが実生活でいかに重要であるか伝えましょう。

今回のまとめ

交通安全教室(小学校)の挨拶の例を紹介してきました。

交通安全教室は話を聞く時間が長いので、生徒の集中力を切らさないためにも、
開会の挨拶は長くても2分くらいでまとめましょう。

今回紹介したフレーズで気に入ったものがあれば、
ぜひ交通安全教室の挨拶に取り入れてくださいね。

-行事・イベント