いい情報.com

かゆい所に手が届く「いい情報」を提供しています

行事・イベント

2学期始業式の挨拶(小学校編)話す内容と使えるフレーズ

長かった夏休みも終わり、間もなく2学期が始まります。

2学期は1年でもっとも長く、
運動会、遠足、修学旅行などの行事も目白押しです。

今回の記事では、そんな2学期の始まりを告げる始業式で、
全校生徒の前で話す挨拶の内容と使えるフレーズについてまとめました。

Sponsored Link

2学期始業式の挨拶の内容(小学校編)

◆出だしの言葉

始業式の挨拶の出だしは、
久しぶりにみなさんに会えて嬉しいこと、
元気な姿が見られて喜ばしいことなどを述べるのが定番です。

<挨拶の例文>
みなさん、おはようございます。夏休みはいかがでしたか?
夏休みの間、大きな事故やケガもなく、
またこうしてみなさんの元気な姿を見られたことを大変喜ばしく思います。
<挨拶の例文>
夏休みにはたくさんの思い出を作ることができましたか?
みなさんが夏休みの間、やりたいこと、興味を持ったことに全力で取り組み、
また一段とパワーアップして帰ってきてくれたことを大変嬉しく思います。

◆夏休みを振り返る

夏休みの出来事を一通り振り返るのも定番です。

夏休みの間の行事(プール開放や地域のゴミ拾いなど)、部活動の大会、
時事的な出来事(オリンピックや地震、台風など)などに言及し、
関わってくれた人への労いの言葉などを述べましょう。

<挨拶の例文>
先日は、地域の清掃活動(ゴミ拾い活動)がありました。
暑い中、たくさんの人が精を出してゴミを拾い集めてくれて、
学校や通学路、○○公園周辺が大変きれいになりました。
夏休み期間にもかかわらず積極的に参加してくれた人、
親御さんも含め、本当にありがとうございました。
<挨拶の例文>
夏休み中に、我が校の○○部が全国大会に出場しました。
結果は○○位。入賞まであと一歩のところでした。
我が校を代表して大舞台で戦ってくれたことを本当に誇りに思います。
○○部のみなさん、お疲れさまでした。

さらに、夏休み前に生徒と約束したことなどがあればそれを振り返り、
「実践できましたか?」と、問いかけてみてもいいですね。

◆2学期に向けて気持ちを引き締める

これから2学期が始まるということで、
2学期に向けて気持ちが引き締まるような言葉を述べるのもおすすめです。

特に、夏休みで生活リズムが乱れている人も少なくないと思うので、
早寝・早起きを中心に、生活リズムを整えるように言いましょう。

<挨拶の例文>
今日から2学期が始まります。
夏休み気分からは今日中に抜け出し、早くまた学校生活に慣れてください。
<挨拶の例文>
夏休みで生活のリズムが乱れてしまった人はいませんか?
明日からは授業も始まるので、できるだけ早く生活のリズムを取り戻してください。

Sponsored Link

また、元気のよい挨拶ゴミ拾いなど、
1学期にできていたことを2学期も継続するように言うのも必要かもしれません。

<挨拶の例文>
1学期はみなさんとても元気に挨拶ができていて、
地域の人からお褒めの言葉もたくさん届いています。
2学期もこれを継続していき、
「挨拶のできる○校生」と言ってもらえるようにしましょう。

◆2学期の行事・イベントなどの予告

2学期には多くの小学校で、
遠足、運動会、修学旅行などの行事・イベントが目白押しです。

また、これから訪れる秋は、スポーツの秋、芸術の秋、読書の秋など、
何事にも取り組みやすい季節として有名です。

これらを踏まえ、2学期の予告的な話を最後に取り入れるといいでしょう。

<挨拶の例文>
2学期は1年でもっとも長く、実りの多い学期になります。
9月には遠足、10月には運動会、11月には6年生が修学旅行へと出かけます。
どの行事も友達と協力し合い、
みんなで何かを成し遂げることの充実感を味わってください。
<挨拶の例文>
みなさんにとって秋はスポーツの秋ですか?読書の秋ですか?
それとも食欲の秋ですか?(笑)
秋はとても過ごしやすく、何事にも取り組みやすい季節です。
ぜひ自分が夢中になれるもの、やりがいのあるものを見つけて、
実りの多い2学期にしてくださいね。

今回のまとめ

2学期始業式の挨拶(小学校)の内容について解説してきました。

2学期の始業式では、まだ夏休み気分の生徒を活気づけ、
新学期に向けて気持ちを切り替えられるような挨拶を考えましょう。

今回紹介したフレーズで気に入ったものがあれば、
ぜひ始業式の挨拶に取り入れてくださいね。

-行事・イベント