いい情報.com

かゆい所に手が届く「いい情報」を提供しています

雑学・知恵袋

小学校のプールで使えるゲーム!みんなで楽しめるもの7選!

小学校のプールの時間にみんなで楽しめるゲーム。

小学校低学年の子どもなど、
水に慣れていない子どもが多い場合には、
簡単なゲームを取り入れるのがおすすめです。

今回の記事では、
そんな小学校のプールの時間に使える
ゲーム7選
を紹介します!

Sponsored Link

小学校のプールで使えるゲーム7選

◆ボールリレー

プールのコースに1列に並び、
ボールを送っていくリレーです。

4~5mくらい間隔をあけて並び、
手でパスして送っていきます。

ボールはビーチボールなど、
少し大きめのボールを使いましょう。

一番端の人まで行ったら、
プール外にいる先生や見学の人に
ボールをパスして、ゴールイン。

コースに沿って列を複数作り、
競争させると盛り上がりますよ。

◆流れるプール

これはプール遊び(ゲーム)の定番。

プール内で全員が同じ方向に回り、
「流れるプール」を作るゲームです。

流れができたら、一斉に止まってみたり、
流れに逆らって逆回りしてみたりします。

水に慣れさせるにはピッタリのゲームです。

◆水中鬼ごっこ

鬼役の人を3~4人ほど決め、
プールの中で鬼ごっこをします。

鬼役の人は、水泳キャップの色を変えたり、
ゴーグルを外す(もしくは付ける)などして、
鬼だと一目で分かるようにします。

鬼にタッチされた人は、プールから上がり、
プールサイドに座って待機します。

制限時間を決め、
全員を捕まえることができたら鬼役の勝ち、
1人でも逃げ切ることができたら逃げる側の勝ちです。

生き残っている人がタッチしたら、
一度タッチされた人でも復活できる、
というルールを追加しても面白いです。

Sponsored Link

◆水中ボール拾い

水の中に潜り、
ボールを拾い集めるゲームです。

先生は子どもをいったんプールから上がらせ、
その間にプールにボールをばらまきます。

ボールはゴルフボールなど、
水に沈むボールを使いましょう。

「よーいドン」の合図でプールに入り、
水の底に沈むボールを水に潜って拾います。
※足などで挟んで拾ってはいけません。

一番多くボールを集めた人が勝ち、
もしくはチーム戦にするなら、
より多く集めたチームの勝ちです。

◆じゃんけんゲーム

2人組になってじゃんけんをし、
負けた方は勝った方が指示したポーズを
水の中でとるというゲームです。

ポーズは、動物のポーズ、
ご飯を食べるポーズ、
本を読むポーズなどが挙げられます。

負けた方だけでなく勝った方も水中に潜り、
負けた方がポーズをとるのを確認します。

人数が奇数の場合には、
先生が1人加わりましょう。

◆漁師と魚ゲーム

漁師に捕まらないように
反対側に逃げるゲームです。

まず、子どもを漁師チーム魚チームとに分けます。

漁師チームは全員で手をつなぎ(=網)、
プールの端からゆっくり歩いていきます。

魚チームはプールのもう一方の端からスタートし、
漁師の網に捕まらないよう飛び越えたり、
腕の下をくぐり抜けたりしながら、
反対側の端を目指します。

漁師チームは魚を逃がさないようにしつつ、
だんだん輪を作っていき、
最後は魚を網で取り囲みます。

反対側に到達した魚と網に捕まった魚、
両者の人数を比較し、
前者の方が多ければ魚チームの勝ち、
後者の方が多ければ漁師チームの勝ちです。

◆フラフープくぐり

最後は泳ぎの練習にもつながるゲームです。

子どもはビート板を使い、
ビート板キックで泳ぎながら、
先生が持っているフラフープをくぐります。

先生は子どもに合わせて高さを調節し、
慣れてきた子どもには水の中で
フラフープをくぐらせるようにします。

最初はビート板を使いますが、
徐々にビート板なしでもできるように
練習させていきましょう!

今回のまとめ

小学校のプールで使えるゲーム7選
紹介してきました。

子どもを水に慣れさせることが目的なら、
最初は顔を水につけないゲームから始め、
徐々に顔をつける、水に潜るゲームに
移行していくといいでしょう。

今回紹介したゲームを参考に、
子どもがプールのことを嫌いにならず、
スムーズに泳ぎに移行できるようにしてくださいね。

-雑学・知恵袋