いい情報.com

かゆい所に手が届く「いい情報」を提供しています

スポーツ・レジャー

市民プールの持ち物リスト!必ず持っていくべきものは?

市民プールは自宅から近く、
料金も安いので利用しやすいです。

子どもに水泳の練習をさせたり、
大人のダイエットに使うなど、
利用方法はさまざま。

今回の記事では、
そんな市民プールに持っていくべき
持ち物リスト
について解説します。

市民プールは便利な反面、
ルールが厳しいところも多いので、
事前にしっかり確認しましょう。

市民プールの持ち物(必需品)

まず、絶対に必要なものから紹介します。

◆水着

言わずもがな、水着は必要です。

基本的に制限はありませんが、
海に着ていくようなビキニなどは
少し雰囲気に合わないかもしれません。

おすすめなのは、フィットネス水着
長い距離を泳ぐなら、競泳水着です。

実際に着ている人も多く、
プールの雰囲気にもマッチします。

◆水泳キャップ

水泳キャップも絶対に必要です。

プールによっては水泳キャップがないと
入場を認めてもらえないことがあります。

自分は水の中に入らず、
子どもが遊ぶのを見ているだけでも、
水泳キャップが必要な場合も多いです。

市民プールに行く際は必ず人数分、
水泳キャップを持っていきましょう。

◆タオル(バスタオル)

身体を拭いたり、着替えの時に必要です。

更衣室で周りの目が気になるなら、
あまり使っている人はいませんが、
ゴム付きのバスタオル
持っていくといいでしょう。

市民プールの持ち物(必要・便利)

必需品は以上ですが、
続いて場合によっては必要なもの
あると便利なものを紹介します。

◆ゴーグル

ゴーグルは泳ぐなら必要です。

ケースは持ち込み禁止の場合と、
プール内の棚に置いておける場合
とがあります。

◆水泳用の耳栓

水が耳に入るのが苦手なら必要です。

中耳炎の予防にもなります。

◆フタ付きの飲み物

水筒ペットボトル飲料など、
フタ付き飲み物もあった方がいいです。

水の中では気づきにくいですが、
泳ぐと汗をかき、
水分補給が必要になります。

ただ、中に持ち込めるかどうかは
プールによって変わってくるので、
プールのルールを確認してください。

◆ビニール袋

濡れた水着やタオルを入れるため、
1枚持っていくと便利です。

◆100円玉

ロッカーを使うために必要です。

両替できる場合がほとんどですが、
人数分用意しておくとスムーズです。

◆ドライヤー

通常更衣室に備え付けられていますが、
数が少なく、待つことがあるので、
特に女性の場合、持っていくと便利です。

◆その他

その他、考えられるものを挙げておきます。

・コンタクト用品(必要な人のみ)
・メイク用品(女性のみ)
・シャンプー(髪を洗いたいなら)
・軽食(必要なら)

水泳補助具・遊具について

ビート板や浮き輪、ビーチボールなど、
水泳補助具・遊具の持ち込みは、
市民プールでは通常禁止されています。

ウォータースライダーなどのある
レジャー型の市民プールでも、
禁止されていることが多いです。

もっとも、
ビート板については貸出しができたり、
浮き輪についても、サイズを満たせば
持ち込み可能なことがあります。

このあたりはプールによって変わってくるので、
貸出しの有無、持ち込みの可否については
市やプールのHPなどで確認してください。

市民プールは便利な反面、
ルールが厳しいところも多いです。

うっかりルールを破って退場にならないよう、
しっかりルールを確認して楽しみましょう!

-スポーツ・レジャー