いい情報.com

かゆい所に手が届く「いい情報」を提供しています

雑学・知恵袋

公園での花火は禁止?確認方法と注意点について

2017/06/23

最近は、花火ができる場所が少なくなってきてしまいました。

管理人が子どものころはよく公園で花火をしたものですが、
最近は「花火禁止」の公園も多く、
見つかれば管理者から注意を受けてしまいます。

今回の記事では、
公園で花火が禁止かどうかの確認方法
花火をする際の注意点についてまとめました。

Sponsored Link

公園での花火は禁止?

公園で花火ができるかどうかは、当然ながら公園によって異なります。

大きな公園なら専用ホームページがあることが多いので、
まずはホームページの記載内容をよく確認しましょう。

公園内での禁止行為、注意事項などが書かれています。

公園のホームページに「花火禁止」と書かれていれば、
残念ながらその公園での花火はできません。

また、花火については書かれていなくても、
「火の使用は禁止」などと書かれていれば、
やはり花火は禁止ということになります。

これは自然環境の保護、近隣住民への迷惑などを考えてのことなので、
必ずしたがうようにしましょう。

また、公園のホームページ以外にも、
公園の入口付近にある看板などでも花火の可否を確認することができます。

小さな公園など、専用ホームページのない公園では、
この確認方法がメインとなるでしょう。

Sponsored Link

ホームページや入口の看板に「花火禁止」の文言がない場合、
花火ができそうにも思えますが、必ずしもそうとは言い切れません。

公園が所在する市区町村の取り決めにより、
花火が禁止されている場合もあります。

そのため、公園のルール確認後は、
必ず市区町村のルールも確認するようにしましょう。

※公園のホームページや看板などで花火が許可されていれば、
この手順は必要ありません。

通常、市区町村のホームページの「公園の利用について」などの部分に、
花火についての記載があるはずです。

・そもそも火の使用自体禁止
・花火やバーベキューなどは禁止
・火の使用は禁止だが手持ち花火は可
・マナーを守れば手持ち花火は可

など、市区町村によって対応は異なりますが、
花火についての記載があるはずです。

花火についての記載がなければ、
ホームページ記載の連絡先に電話で確認する必要がありますが、
ただ、明確に花火が禁止されていないなら、
基本的にはやってしまって大丈夫です。

花火についての記載がない=特段花火を禁止する必要性もない、
ということであり、マナーさえ守れば
基本的には注意を受けることはありません。

<公園で花火をする際のマナー>
・近隣住民への迷惑を避ける
・火の後始末をしっかりとする
・ゴミは各自で持ち帰る

マナーがあまりに悪いと、
今後禁止されることにもなりかねないので、
上記の最低限のマナーは必ず守りましょう。

また、花火ができる場合でも、以下の花火をするのは避けてください。

・ロケット花火
・ねずみ花火
・爆竹など

これらの花火が認められている公園は、正直ほとんどありません。

周りに何もない場所、一部のキャンプ場など、
できる場所はかなり限られてくると思います。

これらは音がうるさいもの、どこへ飛んでいくか分からないものなど、
近隣住民への迷惑の程度がはなはだしいので、
許可されている場所を除いて絶対にやらないようにしましょう。

最近は都市部を中心に花火ができる場所が少なくなってきてしまいましたが、
これ以上規制されないためにも、マナーを守って花火を楽しみましょう!

-雑学・知恵袋