甲子園への飲食物の持ち込みは可能?OKなものとNGなもの

公開日: 

甲子園球場に初めて訪れる場合、
気になるのが食べ物飲み物
持ち込んでいいのかということ。

甲子園球場は、特に夏場は暑く、
十分な水分補給が必要になりますが、

球場内で売っているものはどれも高く、
たくさん買うと少しお財布が痛いです。

甲子園球場に飲食物の持ち込みは可能?

Sponsored Link

甲子園への飲食物の持ち込みについて

甲子園球場への持ち込み禁止物は、
危険物のほか、以下のようになっています。

<持ち込み禁止物>
・ビン類
・缶類

他球場に比べるとかなり良心的、
ビン・缶以外はすべて持ち込めます。

通常ビン・缶と同列で禁止されている
「ペットボトル」についても、
甲子園球場には持ち込みokです。

球場内のペットボトル飲料は割高で、
1本200円~250円くらいするので、
最低限の本数は持ち込んでおきたいところ。

また、ビン・缶の飲み物についても、
入口で紙コップに移し替えれば
球場内に持ち込むことが可能です。

ビールなどは通常、缶のものが多いので、
缶で買ってきて、入口で配布される
紙コップに移し替えるといいです。

球場内のビールは1杯600円と、
やはり割高になっています。

球場の近くにはスーパーもあるので、
お金を節約したければ、そこで
最低限の飲み物は買ってきましょう。

では、次に食べ物はどうかというと…

特に制限はなく、
すべて持ち込みokになっています。

近くのスーパーで弁当を買ってきたり、
甲子園までの道に並んでいる屋台で
買ったものを持ち込むといいでしょう。

もちろん、球場内にも食べ物は売っています。

特に甲子園名物「甲子園カレー」は、
多い日だと3000杯以上も売れる人気メニュー。

甲子園に行った際にはぜひ、
挑戦してみてはいかがですか。

Sponsored Link

夏場は特に脱水症状に注意

日向の席か日陰の席かにもよりますが、
夏場の甲子園はとても暑いです。

甲子園で野球観戦をする際は、
脱水症状に十分注意してください。

水分補給には、
やはりスポーツドリンクがいいです。

塩分も同時に摂取できるので、
脱水症状・熱中症の予防に一役買ってくれます。

くれぐれも、ビールを飲むだけでは
水分補給にはならないので注意してください。

ちなみに、特に気温が高い日には
持ち込んでもすぐに温くなってしまうので、
水筒に氷を入れて持ち込んだり、
ペットボトルを凍らせて持ち込むといいです。

クーラーボックスも持ち込みokですが、
周りの人の邪魔にならないよう十分注意しましょう。

なお、クーラーボックスで持ち込む場合、
手荷物検査で中身を確認されることがあります。

当然ですが、中にビンや缶が入っていると
手荷物検査に引っかかり、その場で
紙コップに移し替えることになります。

そういう意味でも、やはり甲子園球場には
ペットボトルの持ち込みがおすすめです。

今回のまとめ

球場内に売っているものは割高ですし、
時間帯によっては長蛇の列ができていて
なかなか買えないことがあります。

列に並んでいて貴重なシーンを
見逃してしまうことのないように、
やはり最低限の飲み物については
事前に買っていくといいです。

脱水症状には十分注意して、
野球観戦を楽しみましょう!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑