いい情報.com

かゆい所に手が届く「いい情報」を提供しています

雑学・知恵袋

左利きの字が汚い…その原因は?きれいに書くには?

人口の10%くらいといわれている左利き。

左利きだけど字を書くのは右
という人も少なくないので、
左手で字を書く人は
かなりの少数派ということになります。

ただ、左手で字を書くと、
どうしても汚い字になってしまいがち。

自分が読むメモ程度ならいいですが、
公の場で字を書く時に字が汚いと
時に恥ずかしい思いをしてしまうことも…。

左利きの字が汚い原因は?
字をきれいに書くには?

Sponsored Link

左利きの字が汚い…その原因は?

左手で書いた字が汚くなる最大の原因は、
そもそも日本語のすべての字が
右利き用にできているからです。

例えばすでに何度も出てきている
「書」という字をとってみても、
たくさんの横棒が使われています。

横棒は通常、左から右へ書きますが、
これが右手(右利き)で書くなら
引っ張るようにして書けばいいので
それほど苦になりません。

ところがこれが左手で書く場合、
どうしても押し出すようにして
書かなければならないので、
自ずと書くのが難しくなります。

また、ひらがなによく使われている
右回りの曲線(あ、お、ぬ、の…など)
にしても、右手で書く分にはいいですが、
左手で書くのは本来難しいものです。

・右回りの曲線→右手で書く
・左回りの曲線→左手で書く

のが、一番書きやすいとされています。

さらに、これは書道などに顕著ですが、
「とめ」「はね」「はらい」の問題です。

特に「右はらい」については、
ここが下手だとなかなかきれいには
見てもらえませんが、

やはり押し出すようにして書くと
きれいに書くのは難しいのです。

いずれにせよ、日本語の字というのはすべて
左手で書くには不向きの構造となっています。

書き順についても、
あくまで右利きを想定して考えられており、
お世辞にも左利きの人にとって書きやすいとはいえません。

そのため、左利きで字が汚かったとしても
ある意味「仕方ない」ことだといえます。

左利きで字をきれいに書く方法

ただ、だからといって、必ずしも右利きに
矯正しなければならないわけではありません。

左利きでも字がきれいな人はいますし、
そもそもしっかり練習してこなければ
右利きでも字が汚い人は汚いです。

そんな状況では、練習次第では
左利きでも字がきれいに見える、
少なくとも普通程度にはなれます。

左手で書いた字が汚く見える原因として、
「横棒を押し出すようにして書くから」
というものがありましたが、

押し出すようにして書くがゆえに、
左利きの人の横棒はどうしても
右下がりになってしまいがちです。

「横棒は右上がりに書くように」と
言われたことが一度はあると思いますが、
横棒を右上がりに書くだけで、
字は”格段に”きれいに見えます。

ぜひ一度意識して書いてみてください。

横棒を右上がりに書くのも含めて、
やはりおすすめなのは一度
子ども向けの国語ドリルを買って、
字の構造を学び直してみることです。

最初はお手本をなぞるところから始め、
次第にお手本を横に置いて
お手本を真似して書けるようにしていきましょう。

大人になってからやっても、
意外と我流で書いてしまっている字が多く、
勉強になりますよ。

Sponsored Link

紙が汚れてしまう問題

字が汚いのとは異なりますが、
左手で書くと紙が汚れやすいです。

例えばボールペンで書く場合、
押し出すようにして書くと
インクが出にくいものがあります。

そういうものを使っていると
単純に紙や字が汚れてしまいますし、
書いていてイライラもしてきます。

字を左手で書くなら、
使うペンにはこだわったほうが
いいかもしれません。

また、日本語の文書というのは
国語や現代文などの答案を除いて
「横書き」で書くことが多いです。

経験があるとは思いますが、
左利きで横書きで書くと
書いた字で手が汚れてしまいます。

その汚れた手で紙に触れると
紙も汚れてしまい、
さらにその紙を触ると…という感じで、
手も紙もどんどん汚れていきます。

これは左利きの人の宿命でもありますが、
手を少し浮かして書く、ペンを変えるなど、
やはり何らかの対策は講じたほうがいいです。

小学生くらいならまだしも、
大人になってから利き手を変えるのは
かなり骨が折れることだと思うので、

あくまで左利きのままで
字がきれいに見える工夫を施していきましょう。

-雑学・知恵袋