いい情報.com

かゆい所に手が届く「いい情報」を提供しています

雑学・知恵袋

とにかくかっこいい3文字熟語!読み方と意味の解説付き!

「3文字熟語」ってかっこいいですよね。

人は3文字=割り切れないもの
とても魅力を感じるらしく、

そういう意味で3文字熟語は
何らかのテーマやスローガン、
座右の銘などにぴったりです。

今回の記事では、
そんなかっこいい3文字熟語
50個集めてみました!

Sponsored Link

とにかくかっこいい3文字熟語50選

それでは3文字熟語を紹介していきますが、
ここで紹介している「意味」は
あくまで一つの解釈にすぎません。

◆阿修羅(あしゅら)

仏教の守護神

◆値千金(あたいせんきん)

高い価値のあること

◆天邪鬼(あまのじゃく)

わざと人に逆らう言動をする人

◆十六夜(いざよい)

旧暦16日の夜

◆韋駄天(いだてん)

足の速い人

◆一隻眼(いっせきがん)

ものを見抜く特別な眼識

◆有頂天(うちょうてん)

うまくいった喜びで夢中になっていること

◆影武者(かげむしゃ)

敵の目を欺くため、大将などと同じ服装をさせた身代わりの武者

◆風見鶏(かざみどり)

鶏をかたどった風向計

◆紙一重(かみひとえ)

きわめてわずかな違い

◆感無量(かんむりょう)

胸いっぱいになるほど、しみじみ感ずること

◆麒麟児(きりんじ)

才能が優れていて、将来が期待される少年

◆金字塔(きんじとう)

後世に長く残る立派な業績

◆下剋上(げこくじょう)

下位の者が上位の者に打ち勝つこと

◆月桂冠(げっけいかん)

月桂樹の葉で作った冠

◆金輪際(こんりんざい)

底の底まで、あくまでも、断じて

◆最高潮(さいこうちょう)

ある雰囲気や感情などがもっとも高まった状態

◆殺風景(さっぷうけい)

眺めに情趣が欠けていたり単調だったりして、見る者を楽しませないこと

◆試金石(しきんせき)

物の価値や人の力量などを計る基準となる物事

◆四天王(してんのう)

ある分野における実力者4人組

◆集大成(しゅうたいせい)

多くのものを広く集めて、一つのものにまとめ上げること

◆守破離(しゅはり)

剣道や茶道などで、修業における段階を示したもの

◆修羅場(しゅらば)

戦いや争いが激しく行われる場所

◆蜃気楼(しんきろう)

熱気・冷気による光の異常な屈折のため、空中や地平線近くに遠方の風物などが見える現象

◆心技体(しんぎたい)

精神力・技術・体力の総称

Sponsored Link

◆真骨頂(しんこっちょう)

そのものが本来持っている姿

◆新天地(しんてんち)

新しい活躍の場所

◆千里眼(せんりがん)

遠方の出来事や人の心などを直覚的に感知する能力

◆走馬灯(そうまとう)

回り灯篭

◆大黒柱(だいこくばしら)

家族や国など集団の中心となり、それを支える人物

◆断末魔(だんまつま)

死ぬ直前の状態のこと

◆天地人(てんちじん)

世界を構成する要素としての、天と地と人

◆天王山(てんのうざん)

勝敗の分かれ目となる大事な機会

◆桃源郷(とうげんきょう)

俗界を離れた別世界

◆逃避行(とうひこう)

世間をはばかることがあって、あちこち移り歩いたり隠れ住んだりすること

◆登竜門(とうりゅうもん)

立身出世や成功のための関門

◆独壇場(どくせんじょう)

その人だけが思うままに振る舞うことができる場所・場面

◆二刀流(にとうりゅう)

異なる2種類のものを同時に使いこなすこと

◆破天荒(はてんこう)

今まで誰もしなかったようなことをすること

◆風来坊(ふうらいぼう)

どこからともなくさまよってきた者

◆袋小路(ふくろこうじ)

物事が行き詰った状態

◆不死身(ふじみ)

不死であること

◆冬将軍(ふゆしょうぐん)

厳しい寒さの冬を擬人化した表現

◆摩天楼(まてんろう)

天に達するほどの高い建物

◆万華鏡(まんげきょう)

おもちゃの一種

◆未曾有(みぞう)

非常にめずらしいこと

◆無邪気(むじゃき)

素直で悪気がないこと

◆夜想曲(やそくきょく)

夜の情緒を表現しようとする曲

◆夢心地(ゆめごこち)

夢を見ている時のようなうっとりとした気持ち

◆錬金術(れんきんじゅつ)

卑金属を人工的手段により貴金属に転換する術のこと

以上、
かっこいい3文字熟語50選でした。

言葉の響きがかっこいいものから
意味がかっこいいものまで、
ぜひ自由に使ってくださいね。

-雑学・知恵袋