いい情報.com

かゆい所に手が届く「いい情報」を提供しています

行事・イベント

バスレク集(中学生向け) 絶対に盛り上がるもの7選!

2017/06/15

学校行事でバスを利用する時は、
バスの中でも退屈しないようにバスレクがあると便利です。

今回の記事では、
中学生がバスの中で盛り上がれるバスレクを厳選しました。

遠足や社会見学、修学旅行など、
移動時間が長くなる行事の時はぜひ参考にしてくださいね。

Sponsored Link

盛り上がるバスレク(中学生向け)

◆紅白歌合戦

まずは、カラオケを使ったバスレクです。

男女で白組と紅組とに分かれ、歌のテーマを決め、
そのテーマに沿った歌を歌っていきます。

<歌のテーマの例>
・季節(春夏秋冬)の歌
・星や月が出てくる歌
・恋愛や結婚などの歌

音程やリズムなど、ちゃんと歌えているか、
歌が決められたテーマに沿っているかは、
先生が審査員として判断します。

白組→紅組→白組…と交互に歌っていき、
先にアイデアが尽きた組の負け。

レクが長くなりそうなら、
ワンコーラスで区切るといいですね。

◆到着時刻予想ゲーム

目的地に到着する時刻を予想するゲームです。

予想は出発時休憩時に行い、
目的地に到着する具体的な時刻を紙に書いて提出してもらいます。

事前にLINEグループを作っておき、
そこに到着時刻を一斉に投稿してもいいですね。

実際に目的地に到着した時刻と、もっとも近かった人の優勝です。

単純なゲームですが、
ぜひレクの一環としてやってみてください。

◆ドキドキ風船破裂ゲーム

セロテープを人数分貼った風船をバスの座席順に回していきます。

1人1枚セロテープをはがしていき、
風船を破裂させてしまった人の負け。

いつどこで破裂するか分からない、
ハラハラドキドキのゲームです。

風船を破裂させてしまった人には、
班行動の計画意気込みなどを言ってもらうといいですね。

◆アレンジ伝言ゲーム

普通に伝言ゲームでもいいですが、
ここでは少しアレンジを加えたものを紹介します。

・口パク伝言ゲーム
口パクで伝言を伝える伝言ゲームです。
文字数が多いと難しくなるので、
3~4文字くらいにしておきましょう。
・背中文字伝言ゲーム
前の人の背中に文字で伝言を書き、
伝言を伝えていくゲームです。
これも文字数は少なめがいいです。
・イヤホンガンガン伝言ゲーム
片耳にイヤホンで音楽を流しながら、
同じく伝言を伝えていくゲームです。
これは文字数が多くても大丈夫ですが、
デフォルトでかなり難しいゲームです。

背中文字伝言ゲームだけでなく、
伝言はすべて後ろから前に送ったほうがいいでしょう。

そのほうが酔いにくく、答え合わせもしやすいです。

一番先頭の人まで伝えていき、
お題の言葉ともっとも近かった列(チーム)の優勝です。

Sponsored Link

◆時限爆弾で山手線ゲーム

キッチンタイマーやアラームなど、
時限爆弾を回しながら山手線ゲームをします。

山手線ゲームとは、連想ゲームの一種で、
お題に沿った答えを順番に言っていく、
よく飲み会などで行われているゲームです。

前の人からキッチンタイマーを受け取り、
お題の答えを言い終わったら次の人に回す…
というのをひたすら繰り返していき、

タイマーが鳴った瞬間にタイマーを持っていた人の負けです。

負けてしまった人には同じく、
班行動の計画意気込みなどを言ってもらうといいでしょう。

お題の例については、
こちらの記事を参考にしてください。
→参考記事:山手線ゲームのお題!みんなで盛り上がれるネタ70連発!

◆名前並び替えゲーム

友達の名前を適当に並び替え、
それをみんなの前に提示し、
誰の名前なのか当ててもらうゲームです。

例えば、名前が「田中 太郎」なら、
「なかう たろた」などに並び替えます。

並び替えた名前は、
大きな紙に書いて提示するのが定番ですが、
マイクでゆっくり発表すると難易度がかなり上がります。

◆ストップウォッチゲーム

全員が目をつぶり、
司会者が指定した時間が来たと思ったら手を挙げる時間当てゲームです。

時間が短すぎると勝ち負けがはっきりしなくなるので、
時間は3~5分くらいがいいかもしれません。

ゲームには、
ストップウォッチで時間を計る人、
手の挙がった人を記録していく人の計2人が、
司会者として必要になります。

バスの中が異様な空気に包まれる、
ちょっと変わったバスレクの1つです。

今回のまとめ

中学生がバスの中で盛り上がれるバスレク7選
を紹介してきました。

バスレクは、できるだけ酔いにくいものを選び、
また、生徒の気分やテンションに応じたものを選ぶようにしましょう。

例えば、帰りのバスにもなるとみんな疲れていて、
中には眠ってしまう人もいます。

行きのバスでは、伝言ゲームや山手線ゲーム、
帰りのバスでは、任意参加の紅白歌合戦、
静かなストップウォッチゲームにするなど、
状況に応じたゲームを選ぶようにしましょう。

帰りのバスでは、
ビデオ鑑賞にしてしまうのも1つの手ですね。

今回紹介したバスレクを参考に、
移動中も退屈せず、盛り上がる学校行事にしましょう。

-行事・イベント