いい情報.com

かゆい所に手が届く「いい情報」を提供しています

スポーツ・レジャー

海水浴の持ち物でおすすめの食べ物はこれ!

2017/04/15

夏といえば海、海といえば夏。

今年も間もなく海水浴
シーズンがやってきます。

海水浴場には、通常
”海の家”がありますが、

混雑していて入れなかったり、
意外と高くついてしまうなど、
必ずしも使えるとは限りません。

そこで、今回の記事では、
海水浴に持っていく食べ物
おすすめのものを紹介します!

Sponsored Link

海水浴に持っていく食べ物はこれ!

◆おにぎり

定番なのは、やはりおにぎりです。

お弁当を持っていってもいいですが、
子どもたちは遊びに夢中で
あまり食べてくれなかったり、

風で砂が入ってしまうなど、
必ずしも海水浴の昼食として
適しているとは言い切れません。

その点、おにぎりなら
手軽に食べることができ、
子どもが遊びの合間に
食べるのにもピッタリです。

ただ、やはり真夏ということで、
おにぎりが高温多湿な環境
傷んでしまわないように
十分注意して下さい。

おにぎりを含む、食べ物を
海水浴場に持ち込む際は、
クーラーボックスを利用し、
十分冷やすようにしましょう。

仮に保冷剤を使わなくても、
ペットボトルに入った飲み物を
何本か凍らせて入れておけば
保冷剤の代わりになりますよ。

海水浴場で冷えた飲み物を
飲むこともでき、
「一石二鳥」ですね。

◆焼きそば

海の家でも定番メニューの
焼きそばもオススメです。

食べやすい量をパックに詰め、
同じくクーラーボックスで
冷やして持っていきましょう。

屋外で食べる焼きそばは、
なぜか普段より美味しく感じますし、
冷えても美味しく食べられるのも
焼きそばの特徴の一つです。

◆カップ麺やカップ焼きそば

海水浴場で食べる昼食は、
これくらい手軽なものでも
十分かもしれません。

海で遊んで身体が冷えると
温かいものも食べたくなります。

お湯は必要になりますが、
オススメの食べ物の一つです。

◆そうめん

そうめんも同じく、
夏に屋外で食べたい
メニューの一つです。

麺はタッパーに入れて持っていき、
つゆはペットボトルや水筒に
入れて持っていきましょう。

そうめんを食べる際の容器は、
紙コップなどで代用できます。

手軽に食べることができますし、
子ども大好きな食べ物の一つですね。

◆フルーツゼリー(フルーツポンチ)

小腹が空いた時や食後のデザートなどに
フルーツゼリー(ポンチ)もオススメです。

コンビニやスーパーなどで買い、
冷やして持っていきましょう。

◆スイカ

海水浴の遊びといえば、
定番の「スイカ割り」。

スイカ割りをするかどうかは
別として、夏に海で食べたい
食べ物といえば、
やはりスイカです。

◆きゅうりの一本漬け

お祭りの屋台などで見かける
「きゅうりの一本漬け」。

真夏の屋外で野菜に
丸ごとかぶりつくのは
快感というもの。

作り方やレシピについては、
「きゅうりの一本漬け」
などで検索してみて下さい。

Sponsored Link

その他の食べ物

その他、手軽に食べられる
スナック菓子(お菓子)や、
缶詰の食品なども海水浴には
持っていきやすいアイテムです。

夏ということで、アイス
かき氷もいいかもしれません。

ただ、注意が必要なのは、
海の中で遊んで身体が冷えて、
さらに冷たい食べ物を食べると、

身体が冷えすぎてしまう危険が
あるということです。

身体が冷えると体温が下がり、
当然体力も奪われてしまいます。

そのため、夏だからと言って
冷たい食べ物や飲み物の
取りすぎには注意しましょう。

健康や衛生面には十分注意して、
海水浴を楽しんできて下さいね。

-スポーツ・レジャー