花火大会へ持参する食べ物はこれ!人気ランキングベスト7!

公開日:  最終更新日:2018/07/17

今年も間もなく花火大会のシーズンがやってきます。

夏の夜空に打ち上げられるたくさんの色鮮やかな花火は、夏の風物詩でもありますね。

今回の記事では、そんな花火大会へ持参したい食べ物ランキングベスト7を紹介します!

花火大会では、大きいところだと屋台も出ていますが、
混雑していて買えなかったり、穴場スポットから離れているなど、
必ずしも十分利用できるとは限りません。

そんな時にもぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

花火大会へ持参したい食べ物ランキング

それでは、花火大会へ持参したい食べ物ランキングベスト7を紹介していきます。

◆第7位:カットフルーツ

第7位は、カットフルーツです。

夏の暑い日には冷たいフルーツが食べたくなるもの。

もちろん家から作っていってもいいですが、
近場のスーパーやコンビニなどでカットフルーツの盛り合わせを買っていくのもおすすめです。

何人かで食べるなら、爪楊枝ミニフォークも忘れずに持っていきましょう。

また、カットフルーツと似たものとして、コンビニなどで売っているフルーツポンチもいいですね。

◆第6位:枝豆

続いて第6位は、枝豆です。

ちょっと小腹が空いた時などにお腹を満たすことができますし、
大人ならビールなどお酒のおつまみにもピッタリです。

大人だけでなく子どもにも人気の食べ物といえますね。

◆第5位:おにぎり

第5位は、おにぎりです。

花火は夜から始まるので、やはり夕食の時間帯と被ってしまいます。

おにぎりサンドウィッチなど、何か主食となる食べ物も持っていきたいところです。

◆第4位:焼き鳥

続いて第4位は、焼き鳥です。

屋台や露店などでも売っていますが、混雑を避けるなら、
やはり地元のスーパーなどで買っていきたいところ。

ちなみに、焼き鳥を食べると手が汚れるので、ウェットティッシュを買っていくと便利です。

恋人とのデートならこれで気の利くアピールもできますね。

◆第3位:から揚げ

第3位は、から揚げです。

小さな子どもから大人まで、みんな大好きな食べ物ですし、
冷めても美味しく食べられるのもメリットの一つです。

スーパーのお惣菜コーナーなどで買っていきましょう。

◆第2位:きゅうりの一本漬け

夏祭りの屋台などでよく見かける、きゅうりの1本漬け

割り箸に刺したきゅうりに一本丸ごとかぶりつくのは、快感というもの。

初心者でも簡単に作ることができるので、
一度「きゅうり 一本漬け」などで検索してみてください。

◆第1位:焼きそば

第1位は、やはり何と言っても焼きそばです。

夏に屋外で食べる焼きそばは、異様なほど美味しく感じるもの。

フードパックなどで小分けにして人数分持っていくといいでしょう。

なお、今回紹介した中では唯一、手や爪楊枝などでは食べられないので、
お箸を忘れずに持っていくようにしましょう。

スポンサードリンク

花火大会へ食べ物を持参する際の注意点

花火大会へ食べ物を持参する上では、いくつか注意点があります。

まず、花火大会へ持っていく食べ物をコンビニやスーパーで買うなら、
会場付近ではなく、地元のコンビニやスーパーを利用するようにしましょう。

会場付近のコンビニやスーパーは当然混雑していますし、
欲しい食べ物が売り切れてしまっていることも少なくありません。

地元のコンビニやスーパーで食べ物を買い、
保冷が必要なものについては、保冷バッグ保冷剤を使って冷やしていくのがベストです。

また、これら食べ物の中には、水分が多く含まれているものも少なくありません。

水分を多く摂取していると、途中でトイレへ行きたくなってきて、
花火大会に集中できなくなることがよくあります。

近くにトイレがあればいいですが、穴場スポットなどトイレが少ないところも珍しくないので、
食べる&飲む量・ペースには十分注意しましょう。

今回のまとめ

以上、花火大会へ持参したい食べ物ランキングベスト7を紹介してきました。

今回の記事で紹介した食べ物を食べながら、
夏の夜空を彩る花火を、思う存分楽しんできてくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑