いい情報.com

かゆい所に手が届く「いい情報」を提供しています

行事・イベント

部活の合宿の持ち物リスト!あると便利なアイテム15選!

中学校や高校の部活動では、
夏になると合宿があります。

合宿中は普段より練習量が増え、
きつい部活は本当にきついですが、
合宿所で友達と苦楽を共にするのは
一生の思い出になります。

今回の記事では、
そんな部活の合宿に持っていきたい
便利なアイテム15選
を紹介します!

Sponsored Link

部活の合宿の持ち物リスト!あると便利なアイテム15選!

◆部屋干しロープ(洗濯ロープ)

合宿が3泊以上の長期にわたる場合、
合宿の荷物を少なくするためにも
こまめな洗濯が必要不可欠です。

合宿は通常大部屋で寝泊まりするので、
部屋の中で洗濯物を干すためには
この部屋干しロープが欠かせません。

あまり持ってくる人はいないので、
持っていってみんなに使わせてあげれば
一躍人気者になれるかもしれませんね。

◆ハンガーや洗濯ばさみ

洗濯物を部屋干しするためには、
ハンガーや洗濯ばさみも必要です。

合宿所にもあるかもしれませんが、
数が足りないことが多いです。

◆洗濯ネット

友達と一緒に洗濯機を使う場合、
後で洗濯物を分けなくてもいいように
洗濯ネットに入れて洗いましょう。

合宿では洗濯をこまめにしていけば、
大幅に持ち物を減らすことができます。

その他、念のため洗濯用の洗剤や、
洗濯機や乾燥機を回すための
「100円硬貨」も多めに
用意しておくといいでしょう。

◆リセッシュやファブリーズ

洗濯するまでもないモノには、
これらを吹きかけておけば
匂いが気になりません。

すべてを洗濯している暇は
おそらくないと思うので、
これらが一本あると便利です。

◆圧縮袋

たくさんの服や着替えを
バッグに詰め込むためにも、
圧縮袋もあると便利です。

◆ビニール袋

濡れた服や靴下を入れたり、
ゴミ袋の代わりにも使えます。

10枚くらい持っていきましょう。

◆シャンプーやリンス

通常合宿所に備え付けられていますが、
合宿所のシャンプーやリンスを使うと
髪が「ギシギシ」になったりします。

そうなるのが嫌なら、
マイシャンプーやリンスを
持っていくようにしましょう。

◆ドライヤー

これも合宿所にもありますが、
数が少なかったり、時には
友達と争奪戦になることも。

特に女性は、
マイドライヤーがあると便利です。

◆延長コード

合宿で大部屋で寝泊まりする場合、
人数分のコンセントは普通ありません。

スマホの充電ドライヤーの使用など、
コンセントを使う機会も少なくないので、
延長コードもぜひ持っていきましょう。

◆耳栓

合宿所では友達の寝息やいびき、
アラーム音などが気になって、
頻繁に目が覚めてしまうことも。

翌日に支障をきたさないためにも、
耳栓は持っていって損はありません。

Sponsored Link

◆湿布や冷却スプレー

合宿は普段より練習がハードです。

翌日の練習に向けた疲労の回復、
また炎症などを抑えるためにも、
湿布や冷却スプレーは多めに
持っていくようにしましょう。

◆虫よけスプレーやかゆみ止め

夏場なら虫対策も欠かせません。

部屋に蚊などが入ってきて、
なかなか寝付けないこともあります。

◆日焼け止め

日焼け止めも、特に女性は
必要であれば持っていきましょう。

◆スリッパやサンダル

合宿所を歩き回る際に
一つあると便利です。

雨で靴が濡れてしまった時にも
重宝します。

◆カロリーメイト

カロリーメイトやソイジョイなど、
運動前に食べる栄養機能食品
持っていくと便利です。

また、これは管理人の経験ですが、
合宿所のご飯は量がとても少なく、
常にお腹を空かせていました。

かと言って、真面目な部活動の合宿に
お菓子は持っていけなかったので、
栄養機能食品をたくさん持っていって
お腹を満たしていました。

色々な意味で持っていって
損はないアイテムの一つです。

◆遊び道具や勉強道具

空き時間に暇を潰すための
遊び道具や勉強道具も時には必要。

部活の雰囲気に合わせて、
選んで持っていきましょう。

まとめ

部活の合宿に持っていきたい
持ち物15選
を紹介してきました。

今回の記事で紹介したものは、
最悪忘れてもなんとかなる
「便利な」持ち物ばかりです。

それぞれの部活に必要なもの、
日用品などは、くれぐれも
忘れないように注意して下さい。

忘れ物がないか確認する際は、
入浴→洗顔や歯磨き→就寝
といった一日の生活の流れを
振り返ってみるといいです。

部活の合宿は荷物が多いので、
いかに効率的に洗濯を回して
使う衣類を削減できるか

大きなポイントになります。

今回の記事の、
特に前半部分の持ち物は
ぜひ持っていくようにしましょう。

-行事・イベント