体育祭の選手宣誓!作り方のポイントと例文7つを紹介!

公開日:  最終更新日:2017/09/01

体育祭の開会式でもっとも注目を浴びる、選手宣誓

代表の生徒が先生、特に校長先生に「正々堂々戦うこと」を誓います。

ただ、いざ代表の生徒に選ばれると具体的に何を言っていいのか分からず、
戸惑ってしまうことも多いもの。

そこで、今回の記事では、
体育祭の選手宣誓の作り方と例文を紹介します!

Sponsored Link

体育祭の選手宣誓の作り方

「選手宣誓」とは文字通り、誓いの言葉を述べることをいいます。

では、体育祭の選手宣誓では何を誓えばいいのかというと…

□正々堂々戦うこと
□ズルをしないこと
□相手チームのことを尊重すること
□全力を出し切ること
□お互い協力し合うこと

つまり、スポーツマンとして恥ずかしくない振る舞いをすることを誓うわけです。

変わった選手宣誓、面白い選手宣誓にする場合でも、
これらを表す言葉は必ず入れましょう。

体育祭の選手宣誓の例文7選

では、具体的な例文を見ていきましょう。

宣誓。我々選手一同は、スポーツマンシップにのっとり、正々堂々最後まで戦い抜くことを誓います。

これはもっともオーソドックスなパターンです。

これを基本形としてアレンジを加えていくといいでしょう。

宣誓。我々選手一同は、日ごろの練習の成果を十分に発揮し、悔いが残らないよう全力を出し切ることを誓います。

「日ごろの練習」という、体育祭を迎えるまでの過程に言及するのもいいですね。

宣誓。我々選手一同は、この青空の下で今日という日を迎えられたこと、今日まで練習の時間を与えてくださった先生方に感謝し、正々堂々最後まで戦い抜くことを誓います。

その環境が与えられていること、支えてくれた人たちに感謝するのも、
選手宣誓では鉄板といえます。

宣誓。我々選手一同は、これまでの練習の成果を存分に発揮し、あのサッカー日本代表に負けないような勇気と情熱で、最後まで全力プレーすることを誓います。

直近にワールドカップやオリンピック、WBCなど大きな大会があったなら、
そのような時事ネタを使うのもおすすめです。

宣誓。我々選手一同は、スポーツマンシップにのっとり、とにかく笑顔で、楽しく元気に、目の前の競技に全力で取り組み、今日1日を○○高校史上最高の1日にすることを誓います。

若者らしく、このような元気溢れる選手宣誓もいいですね。

宣誓。我々選手一同は、今日この日を迎えられたことに感謝し、すべての種目に全力で取り組み、最高のプレーでお客さんを沸かせることを誓います。

これは体育祭を見に来てくれたお客さんのことを意識した選手宣誓です。

宣誓。我々選手一同は、スポーツマンシップにのっとり、戦ってくれる相手チームのことを尊重し、one for all, all for oneの精神で最後まで戦い抜くことを誓います。

「one for all, all for one」はラグビーで使われる言葉ですが、
このようにスポーツで使われる名言を取り入れるのもいいですね。

以上、体育祭の選手宣誓の例文7つを紹介してきましたが、
適宜組み合わせたりしながら、あなたの学校のカラーに合った選手宣誓を作ってくださいね。

Sponsored Link

体育祭の選手宣誓を面白いものにするには?

選手宣誓を面白くするには、定番なのはダジャレを取り入れてみることです。

我々選手一同は、スポーツマンシップにのっとり、スポーツで痛めたらシップを貼り、正々堂々最後まで戦い抜くことを誓います。

ただうまくやらないと、このように滑ってしまいます。

ダジャレを取り入れるのもいいですが、
以下のように具体的なエピソードを取り入れることでも、
会場を沸かせることができますよ。

我々選手一同は、青空の下で今日この日を迎えられたこと、朝早く起きて今日のために弁当を作ってくれたお母さん、授業の時間をこっそり体育祭の練習に使わせてくれた先生方にも感謝し、一生懸命最後まで戦い抜くことを誓います。

その他、練習の際に起きたトラブル失敗したことで面白いものがあれば、
それを取り入れてもいいでしょう。

会場が一切沸かなかったとしても当サイトでは責任を負いかねますが、
ぜひ一つの参考にしてくださいね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑