いい情報.com

かゆい所に手が届く「いい情報」を提供しています

行事・イベント

体育祭の選手宣誓!作り方のポイントと例文7つを紹介!

中学校や高校の体育祭の開会式で
もっとも注目を浴びる”選手宣誓”

代表の生徒が先生、特に校長先生に
「正々堂々と戦うこと」を誓います。

ただ、いざ代表の生徒に選ばれると、
具体的に何を言っていいか分からず、
戸惑ってしまうことも多いですよね。

そこで、今回の記事では、
体育祭の選手宣誓の作り方
例文について解説していきます。

Sponsored Link

体育祭の選手宣誓の作り方

「選手宣誓」とは、文字通り
誓いの言葉を述べることです。

では、体育祭の選手宣誓では
何を誓えばいいかというと…

・正々堂々と戦うこと
・「ずる」をしないこと
・相手のことを尊重すること
・全力を出し切ること
・お互い協力し合うこと

要は、
スポーツマンとして恥ずかしくない
振る舞いをすること
を誓います。

独特な宣誓、面白い宣誓にする場合でも、
これらを表す言葉は必ず入れましょう。

体育祭の選手宣誓の例文7選

では、具体的な例文を見ていきます。

宣誓。我々選手一同は、スポーツマンシップにのっとり、正々堂々最後まで戦い抜くことを誓います。

もっともオーソドックスなパターンです。
これを基本に
アレンジを加えていくといいでしょう。

宣誓。我々選手一同は、日頃の練習の成果を十分発揮し、悔いが残らないよう全力を出し切ることを誓います。

「日頃の練習」という、
体育祭当日を迎えるまでの
過程に言及するのもいいです。

宣誓。我々選手一同は、この青空の下で今日という日を迎えられたこと、今日この日まで練習の時間を与えて下さった先生方に感謝し、正々堂々最後まで戦い抜くことを誓います。

その環境が与えられていることや
支えてくれた人たちに感謝するのも、
選手宣誓では鉄板のパターンといえます。

宣誓。我々選手一同は、これまでの練習の成果を存分に発揮し、あのワールドカップ日本代表に負けないような勇気と情熱で、最後まで全力プレーすることを誓います。

直近にワールドカップやオリンピック、
WBCなどの大きな大会があったなら、
そういう時事ネタを使うのもアリです。

宣誓。我々選手一同は、スポーツマンシップにのっとり、とにかく笑顔で、楽しく、元気に、目の前の競技に全力で取り組み、今日一日を○○高校史上最高の一日にすることを誓います。

若者らしく、こういう
元気な選手宣誓もいいですね。

宣誓。我々選手一同は、今日この日を迎えられたことに感謝し、すべての種目に全力で取り組み、最高のプレーでお客さんを沸かせることを誓います。

自分たちの体育祭を見に来てくれた
お客さんのことも考えた選手宣誓です。

宣誓。我々選手一同は、スポーツマンシップにのっとり、戦ってくれる相手チームのことを尊重し、one for all, all for oneの精神で最後まで戦い抜くことを誓います。

「one for all, all for one」は
ラグビーで使われる言葉ですが、
こういうスポーツで使われる
名言を取り入れてもいいですね。

例文を7つ紹介してきましたが、
適宜組み合わせたりしながら、
自分の学校のカラーに合った
選手宣誓を考えて下さいね。

Sponsored Link

体育祭の選手宣誓を面白いものにするには?

選手宣誓を面白くするには、
定番なのは「ダジャレ」を
取り入れることです。

我々選手一同は、スポーツマンシップにのっとり、スポーツで痛めた部分にはシップを貼り、正々堂々最後まで戦い抜くことを誓います。

ただ、うまくやらないと
このように滑ってしまいます。

ダジャレでもいいですが、
具体的なエピソード
選手宣誓に取り入れることでも、
会場を沸かせることができますよ。

我々選手一同は、青空の下で今日この日を迎えられたこと、朝早く起きて今日のために弁当を作ってくれたお母さん、授業の時間をこっそり体育祭の練習に使わせてくれた先生方に感謝し、一生懸命最後まで戦い抜くことを誓います。

その他、練習の際に起こったトラブルや
失敗したことで面白いものがあるなら、
それを取り入れてもいいでしょう。

会場が一切笑わなかったとしても
当サイトでは責任を負いかねますが、
ぜひ一つの参考にして下さい。

 

-行事・イベント