いい情報.com

かゆい所に手が届く「いい情報」を提供しています

行事・イベント

高校の体育祭ならではの種目!白熱して盛り上がる競技7選!

高校の行事の中でもっとも盛り上がる
と言っても過言ではない「体育祭」。

高校の体育祭は中学校までと異なり
自分たちで作り上げる部分が多く、
種目の選定やネーミングなど
準備の段階からすでに楽しいです。

今回の記事では、
そんな高校の体育祭ならではの種目には
どんなものがあるのかまとめてみました。

Sponsored Link

高校の体育祭ならではの種目はこれ!

◆スウェーデンリレー

一人目の走者から、
100m、200m、300m、400m…と、
だんだん走る距離が増えていくリレー。

4人で合計1000mを走ります。

リレーメンバーのうち
誰にどの区間を任せれば一番速いのか、
人選も重要になってくる競技ですね。

◆背中渡り競争

これはクラス全員参加でできる種目。

友達の背中で作られた台を
渡り役の人が渡っていきます。

文字で説明するよりも、
一度こちらの動画をご覧下さい。

渡り役の人が転落しないように
補助をつける必要がありますが、
とても盛り上がる種目の一つです!

部活(クラブ活動)対抗リレー

高校になると部活の数も多く、
それぞれの個性がひしめき合う
体育祭の人気種目の一つです。

運動部はもちろん文化部も参加ok!

参加する部活は、それぞれの
部活のユニフォームを着て走ります。
(文化部の人は体操服か制服を着用)

水泳部の人で、特に女の子は
「水着にバスタオルを巻いて走る」
という異様な光景が見られる高校も。

速さを競う種目というよりも、
面白さを競う種目の一つですね。

リレーに使うバトンについても、
その部活ならではのものを
使用すると盛り上がりますよ。
(例:サッカー部→サッカーボール)

◆集団行動

「時には真面目な種目も」ということで、
集団行動を取り入れる高校もあるそうです。

日体大のパフォーマンスのような
本格的な集団行動を
やってみるのもいいですね。

真面目に真剣にやるからこそ、
ちょっとミスをした時に
笑いが起きて盛り上がるのです。

Sponsored Link

◆棒倒し

自分のチームの棒を守りつつ、
相手チームの棒を攻撃して倒す
「棒倒し」。

高校の体育祭で
もっとも白熱する競技の一つです。

その激しさのあまり、
競技中に怪我をしてしまう人や、
中には救急車で運ばれてしまう人も。

近年の安全志向の流れから、
棒倒しを廃止する高校も
少なくないようですね。

また、男子なら
多少の怪我は恐れませんが、
やはり女子には不人気の様子。

女子には棒倒しの代わりに
比較的安全な棒引きがオススメです。

◆30人31脚

「クラスの人数+1脚」で
2人3脚のように走る種目です。

この種目は、事前の練習と、
クラスで掛け声やルールを
しっかり共有しておく
のがカギ。

ぶっつけ本番でやっても
たぶんあっという間に倒れます。

3クラスずつくらいで同時にやっていき、
ゴールするまでのタイムを計って
一番早かったクラスの優勝です!

◆教員リレー

高校の体育祭は、生徒だけでなく
先生のリレーもとても盛り上がります。

普段教壇に立っている先生の
お茶目な姿を見ることができる
貴重な機会ですね。

当然のことですが、やはり
体育の先生が圧倒的に早いです。

今回のまとめ

高校の体育祭で盛り上がる
「高校ならでは」の種目

7つほど紹介してきました。

高校になると激しい種目も多く、
その分白熱して盛り上がりますが、
怪我には十分注意して下さいね。

高校の体育祭を企画される方は、
今回の記事で紹介した種目を
ぜひ一つの参考にして下さい。

-行事・イベント