いい情報.com

かゆい所に手が届く「いい情報」を提供しています

雑学・知恵袋

高校のクラスでぼっち… そんな時に知っておいてほしいこと

高校になると、中学までの友達と離れ
ぼっちになってしまう人も多いです。

授業中はさほど気になりませんが、
休み時間お昼ご飯を食べる時など、
ぼっちでいるのがつらい時もあります。

ただ、何もこの苦しみは
永遠続くわけではありません。

ほんの一時的なものだったり、
クラスや環境が変われば
改善される場合もあります。

Sponsored Link

高校のクラスでのぼっちが解消される例

◆クラス替えや文理選択が転機に

クラスでぼっちになってしまったのは、
「ただ運が悪かっただけ」
ということもあります。

クラス決めやクラス替えによって
運悪く運動部のイケイケな人
ばかり集まってしまったり、

もしくは高校になって豹変した
ギャルばかり集まってしまったり。

世の中そんな高校生ばかりではないですが、
運悪くこれらの人が一つのクラスに
集まってしまった場合、普通の人でも
「ぼっち」になってしまうことがあります。

これは仕方のないことですし、
無理してその人たちのノリに
合わせる必要もありません。

また、この現象はそう長くは続きません。

高校に入学したばかりの頃は
高校デビューではしゃいでいた人たちも、
時間が経つにつれてだんだん落ち着いてきます。

そのタイミングでクラス替えがあれば、
新しく話す友達ができたりしますし、
ぼっちが解消されることも多いです。

特に、文系と理系が分かれる
クラス替え
の時は一つの大きな転機です。

勉強を頑張って理系クラスに入れば、
理系はおとなしめな人が多いので、
そこで一気に友達が増えたりします。

ノリノリなクラスでは個性を発揮できず、
やむを得ずぼっちに甘んじていた人が、
突然人気者になるケースも珍しくありません。

そのクラスの雰囲気文理によって
求められる人は変わってくるので、
今「ぼっち」だからと言って、
それほど悲観的になる必要はないです。

もっと言えば、
高校で求められるコミュニケーションと
大学や社会などで求められる
コミュニケーションは違います。

決して今いる環境がすべてだとは
思わないで下さいね。

◆体育祭や文化祭が転機に

また、文化祭などの学校行事
転機になることもあります。

特に、高校の文化祭は
班やグループに分かれて
準備を進めることも多いです。

班やグループで作業を進めたり、
さまざまな苦労を共有することで、
新たに仲良くなる人も当然出てきます。

文化祭や体育祭などで
その人の意外な長所個性が分かり、
クラスに認められることもあるでしょう。

修学旅行や春の遠足など、
そういう場面でぼっちだったとしても、
まだあきらめる必要はありません。

Sponsored Link

高校のクラスでぼっちの時の過ごし方

以上のような「転機」を願いつつも、
まだしばらくはぼっち生活を
続けなければならないかもしれません。

そこで、ぼっちの時の過ごし方
心構えについても解説しておきます。

◆あくまで平静を装うこと

クラスではあくまで平静を装い、
堂々としていることが重要です。

クラスでぼっちだからと言って、
別に誰かに迷惑をかけている
わけではありません。

クラスでの役割やグループワークなどを
普通にこなしているのであれば、
別に何の問題もないわけです。

そこで変にキョロキョロしたり、
オドオドしているから舐めらてしまいます。

「私はこのクラスにいていいんだ」
と自分に言い聞かせて、あくまで
堂々とした態度で振る舞いましょう。

ぼっちでいることを
いじってくる人に対しても、
同じく平静を装うようにして下さい。

いじられた時に反発したり
キレたりしてしまうと
余計に事態は悪化しますし、
「いじめ」に発展することもあります。

いじってくる人というのは、
ただ反応を見て楽しみたいだけなので、
何事もなく冷静に対応していれば、
そのうち飽きていじってこなくなります。

◆休み時間や昼休みの過ごし方

休み時間昼休みについては、
本を読んだり問題集を
解いたりするのをオススメします。

変に学校内を歩き回ったり、
頻繁にトイレに行ったりすると
おかしな人だと思われてしまいます。

寝たふりをするのもいいですが、
意外と見抜かれているので、
眠くないならやはり本を読んだり
勉強などをしているといいでしょう。

今はスマホでネットも見れるので、
暇つぶしには事欠かないと思います。

また、
ぼっちの人が口を揃えて言うのが、
昼食の時が一番苦痛」ということです。

高校の昼食の時は、
仲良しメンバーで椅子を並べて
弁当を食べている人が多いと思いますが、

少し目を離した隙に椅子を取られたり、
邪魔者扱いされることもあるようですね。

そういう状況があるなら、
弁当は休み時間に食べ終えてしまい、
(いわゆる「早弁(はやべん)」)

お昼の時間は図書館や部室などに
避難してしまうのをオススメします。

椅子を貸してあげることで
気の利く人だと思われますし、
感謝されることはあっても
嫌われることは絶対にありません。

何よりもっとも重要なのは、
そういう空き時間を利用して
自分の特技成績を高めるのに
力を注いでいくことです。

そうしていれば、
クラスが替わった時などに
必要とされる存在になれるかもしれません。

◆部活の友達は大切にしておく

高校のクラスに上手く馴染めなくても、
部活でできた友達は大切にしましょう。

その友達とつながっていれば、
その人経由で新しい友達も
できるかもしれません。

クラス替えで部活の友達が固まり、
一気に多数派になることも多いです。

友達というのは、基本的に
紹介→紹介でつながっていくので、
今いる友達は大切にしておきましょう。

高校のクラスでぼっち… そんな時に知っておいてほしいこと まとめ

現在クラスでぼっちでも、
「転機」は必ず訪れます。

環境が替われば人間関係も変わり、
何事もなかったかのように
ぼっちが解消されることもあります。

クラスの性格やタイミングによって、
一時的に少数派になってしまうことは
珍しいことではありません。

つらい時期だとは思いますが、
今いる友達自分の趣味を大切にして、
必ず訪れる「転機」を待ちましょう。

-雑学・知恵袋