いい情報.com

かゆい所に手が届く「いい情報」を提供しています

雑学・知恵袋

高校の生徒会の仕事内容は?役職にはどのようなものがある?

高校にも中学校までと同様
「生徒会」があります。

高校になると生徒の人数が増えるので、
その上に立つ生徒会役員はどこか
雲の上の存在のように感じてしまうもの。

いったい普段どこで何をしているのか、
疑問に感じる人もいるかもしれませんね。

そこで、今回の記事では、
高校の生徒会の仕事内容について
代表的なものを挙げてみました。

Sponsored Link

高校の生徒会の仕事内容

◆行事の企画・運営

生徒会の一番の仕事といえば、
この「行事の企画・運営」です。

今の時期(3月~4月)だと、
新入生のための歓迎会を企画したり、
部活動紹介の進行をしたりします。

そして、中でも忙しいのが、
体育祭文化祭の時期。

これらが近づいてくると、
毎日のように夜遅くまで学校に残り、
準備を進めている人も多いです。

◆会議や連絡会の企画・運営

生徒会の目的は、もととも
学校生活における問題点を発見し、
それを解決していくことにあります。

そのため、問題点をあぶり出すための
日々の会議や話し合いは欠かせません。

また、生徒会内部での会議だけでなく、
定期的にクラスの室長を集めて
会議することもあります。

各クラスからの意見を吸い上げたり、
生徒会の方針を各クラスに伝えるため、
この会議はとても重要です。

そのためのアンケートを作成するのも、
生徒会の仕事の一つですね。

◆文章やホームページの作成

例えば生徒会の活動内容を
報告する「機関誌」だったり、
学校のHPを作成・更新するのも
生徒会の仕事の一つです。

年○通などと定めている場合、
締め切りが近づくにつれ
忙しくなってきます。

◆あいさつ運動

朝に校門の前に立って
「おはようございます!」と
生徒にあいさつを促すのも、
やっている学校ではやっています。

あいさつ運動をするとなると、
一般の生徒より早く
学校に来なければなりません。

ある意味部活の朝練のようなものです。

生徒会のみなさんが校門の前で
あいさつをしているのを見かけたら、
ぜひ元気に返してあげて下さいね。

◆ボランティア活動や募金活動

中学校の生徒会に比べれば
割合は減ってくると思いますが、
ボランティア活動募金活動
しているところもあります。

中でも、赤い羽根共同募金や
緑の羽根募金は有名ですね。

Sponsored Link

高校の生徒会の役職は?

高校の生徒会の役職は、主に
会長、副会長、書記、会計などです。

人数は4~5人のところが多いですね。

会長の仕事内容といえば、
まず何と言っても各種行事での
開会の挨拶開会宣言です。

全校生徒(先生)の前に立つので、
もっとも緊張する場面かもしれません。

副会長は、会長をサポートしていきます。

各種行事では、会長が開会の挨拶なら、
閉会の挨拶を任されることも多いですね。

以下、書記、会計、庶務…と続きますが、
これらはいずれも中学校までと比べれば、
役割がはっきりしていることが多いです。

書記ならビラやHPの作成を担当する、
会計なら部活動の予算を管理する、など、
役職に応じて仕事が割り振られていきます。

もし生徒会に立候補するなら、
自分がどの役職に向いているか
しっかり考える必要があるでしょう。

高校の生徒会の仕事内容は?役職にはどのようなものがある? まとめ

高校や地域によって違いはありますが、
代表的な生徒会の仕事内容役職
紹介してきました。

生徒会に入ると、昼休みや放課後も
生徒会室にいなければならないなど、
色々と制約があることも多いです。

忙しい高校になると、部活動や
クラブ活動などにあまり参加
できなくなるかもしれませんね。

ただ、いわば学校の「顔」になり、
各種行事を企画・運営したり
学校に関するさまざまな問題に
立ち向かっていくのは、今後
とても貴重な経験になります。

その経験を通じて仲良くなったり、
新たにつながることのできる人も
たくさんいることでしょう。

そのため、もし興味があれば、
ぜひ高校の生徒会の活動に
青春を捧げてみてはいかがですか。

-雑学・知恵袋