いい情報.com

かゆい所に手が届く「いい情報」を提供しています

行事・イベント

納涼祭の出し物やゲーム!高齢者に喜ばれるアイデア7つ!

2017/06/12

老人ホームや介護施設の定番行事、納涼祭。

夏の風物詩でもあるこの行事を、
高齢者の方は毎年楽しみにしています。

今回の記事では、
そんな納涼祭を盛り上げるための
出し物やゲーム
を7つ紹介します!

一般的な夏祭りの出し物とは異なる、
高齢者向けのものを紹介しているので、
ぜひ参考にしてくださいね。

Sponsored Link

納涼祭の出し物やゲーム

◆踊りやダンス

納涼祭の出し物の定番といえば、
この踊りダンスです。

外部の人に委託してやってもらってもいいですが、
できれば距離の近い職員さんが踊った方が、
高齢者の方には何倍も喜ばれます。

普段とは違う衣装・メイクをすることで、
一種のギャップを演出することができ、
ちょっとしたサプライズにもなりますよ。

踊りやダンスに使う曲は、
ソーラン節マツケンサンバなど高齢者向けの曲がおすすめです。

また、夏といえば盆踊りも人気です。

地域に伝わる伝統の踊りなどあれば、
それをみんなで踊るととても盛り上がります。

◆楽器の演奏

楽器の演奏も定番の出し物です。

和太鼓を演奏する団体などに演奏を依頼してもいいですし、
もちろん職員さん自身で演奏してもいいです。

職員だけで演奏するなら、ハンドベルがおすすめ。

短時間で簡単に覚えられますし、
それほど難しい曲を演奏しなくても十分喜んでもらえますよ。

◆手品やマジック

時間が余ってしまった時には、
手品マジックを取り入れるのもありです。

目の悪い人もいると思うので、
トランプを使った手品など細々したものは避け、
できるだけ分かりやすいものを選びましょう。

例えば、以下の新聞紙を使った手品は、
トリックが意外と分かりにくく、驚かせるにはピッタリです。

◆のど自慢大会(カラオケ大会)

高齢者の方は歌が大好きなので、
のど自慢大会を開催するのもおすすめです。

機材の準備が必要になりますが、
知っている人が歌を歌うだけで、会場は大盛り上がりになります。

最後は全員で合唱をするのもいいですね。

◆流しそうめん

夏の風物詩でもある流しそうめんも、
納涼祭にはピッタリの出し物です。

衛生面にだけ注意して、
流しそうめんで夏を満喫しましょう。

それ以外の食べ物の出し物なら、
たこ焼き焼きそばなどが人気です。

◆魚釣りゲーム

ここからは、ゲームになります。

夏祭りといえば金魚すくいが定番ですが、
水槽や網などの準備が必要だったり、
ゲームで捕まえた金魚の飼育も少し面倒です。

そこで、納涼祭におすすめなのが、
手作りの魚釣りゲームです。

魚は、紙やトレイなどを切って作り、
口の付近にクリップを取り付けます。

あとは、先っぽに磁石を付けた手作りの釣ざおさえ用意すれば、
簡単な魚釣りゲームの完成です。

魚はブルーシートの上に並べれば、
水の中を泳いでいるようにも見えますよ。

◆輪投げ

輪投げも簡単にできるゲームです。

輪っかは新聞紙などで作り、
輪投げの棒はペットボトルを床に固定しておくといいでしょう。

ペットボトルには色紙(いろがみ)を巻き、
色によって点数や景品を変えれば、
よりゲーム性の高いものになりますよ。

Sponsored Link

今回のまとめ

老人ホーム・介護施設の納涼祭の
出し物やゲーム
を紹介してきました。

高齢者の中には、耳が遠かったり、
目の不自由な人も少なくないと思うので、

出し物やゲームはそういう人にも分かりやすい、
シンプルなものにするのがベストです。

手の込んだものを作らなくても、
職員さんの手作り感あふれる出し物やゲームがあれば、
十分楽しんでもらえると思いますよ。

今回の記事で紹介したものを参考に、
夏の納涼祭を盛り上げてくださいね。

-行事・イベント