雑学・知恵袋

「猛獣狩りに行こうよ」で使える動物一覧!文字数別に紹介!

2017/07/25

司会者が唱えた動物の文字数と同じ人数だけ集まって座る、
「猛獣狩りに行こうよ」ゲーム。

子ども向け人数集めゲームの1つであり、
特にキャンプファイヤーなどでは定番のゲームです。

ただ、保育園などで頻繁にやっていると動物がマンネリ化してきますし、
また5文字以上の動物など長い名前の動物を自力で探すのはなかなか骨が折れます。

そこで、今回の記事では、
「猛獣狩りに行こうよ」で使える動物を文字数別に厳選して紹介していきます。

この中から集めたい人数に合った動物を選び、
ぜひ「猛獣狩りに行こうよ」で使ってくださいね。

Sponsored Link

「猛獣狩りに行こうよ」で使える動物

「猛獣狩りに行こうよ」で使う動物は、
できるだけ多くの人が知っていて、分かりやすい動物がベストです。

マイナーな動物だと、何度も聞き返されたりするなど、
ゲームの進行に支障をきたしてしまいます。

以下では、できるだけ有名な動物で、
猛獣っぽい動物を文字数別に紹介しています。

◆2文字の動物

▼2文字の動物
・ウマ
・カバ
・クマ
・サイ
・シカ
・トラ
・ラマ
・ロバ
・ワニ

◆3文字の動物

▼3文字の動物
・キツネ
・キリン
・ゴリラ
・タヌキ
・パンダ
・ヒョウ
・ラクダ

一瞬2文字に聞こえる「ヒョウ」については、
ゆっくり言ってあげるなど工夫が必要な場合も出てきます。

◆4文字の動物

▼4文字の動物
・アナグマ
・オオカミ
・カワウソ
・シマウマ
・スカンク
・ハイエナ
・ムササビ
・モモンガ
・ライオン
・チーター

◆5文字の動物

▼5文字の動物
・アライグマ
・アルマジロ
・カメレオン
・カンガルー
・スイギュウ
・ハリネズミ
・ヤマアラシ

◆6文字、7文字、8文字、9文字の動物

▼6文字の動物
・アフリカゾウ
・オラウータン
・チンパンジー
・ツキノワグマ
・ヤクシマザル
▼7文字の動物
・ニホンカモシカ
・ヒトコブラクダ
・ホッキョクグマ
・レッサーパンダ
・ワヲキツネザル
▼8文字の動物
・アメリカクロクマ
・オウサマペンギン
・サバンナシマウマ
・タテガミオオカミ
・ベンガルヤマネコ
▼9文字の動物
・アフリカスイギュウ
・アルダブラゾウガメ
・ジャイアントパンダ
・ミツオビアルマジロ
・ユーラシアカワウソ

6文字以上の動物にもなると、かなり見つけにくく、
マイナーな動物国名や地域名のついた動物が増えてきます。

◆10文字以上の動物

・カリフォルニアアシカ(10文字)
・アジアタテガミヤマアラシ(12文字)

今回のまとめ

以上、「猛獣狩りに行こうよ」で使える文字数別動物を紹介してきました。

文字数が多くなればなるほど知名度は下がってきますが、
ぜひ「猛獣狩りに行こうよ」ゲームで使ってくださいね。

もしこれでも足りない場合には、
架空の動物絶滅危惧種などに当たってみるのをおすすめします。

※関連記事:キャンプファイヤーのゲーム(小学校向け)5選!

-雑学・知恵袋