プール遊び(保育)で使えるゲーム!みんなで楽しめるもの5選!

公開日:  最終更新日:2018/06/21

夏の暑い日に、冷たいプールでの水遊び

子どもが楽しそうに遊んでいると、見ているこっちも楽しくなってくるというもの。

今回の記事では、そんな保育のプール遊びで使えるゲーム案5選を紹介します!

子どもを水に慣れさせるためにも、ぜひ保育のプール遊びで使ってくださいね。

スポンサードリンク

プール遊び(保育)で使えるゲーム5選

◆2人組じゃんけんゲーム

・2人組でじゃんけんし、勝ったほうが負けたほうに水をかける

というシンプルなゲームです。

負けたほうは水をかけられるのをグッとこらえて我慢します。

子どもが水に慣れてきたら、

・負けたほうが水に顔をつける(水の中に潜る)

などに変更してもいいでしょう。

◆「ブクブク」ゲーム

プールの水に口をつけ、ブクブクするゲームです。

先生の合図でブクブクを始め、息が苦しくなってきたら終わり。

誰が一番長く続けられるか競争しましょう。

水に慣れさせることができますし、水泳の練習の土台にもなります。

◆洗濯機ゲーム

子ども全員で輪になって、プール内でグルグル回るゲームです。

しばらく回っているとだんだん水の流れが出てきて、「洗濯機」のようになってきます。

そのタイミングで一斉に立ち止まって、水の流れに身を任せてみると面白いです。

また、あえてその流れに逆らって逆回りしてみるのもおすすめ。

スポンサードリンク

◆ワニさん歩きdeフラフープくぐり

プールの底に手をつけて歩き、先生が持っているフラフープをくぐっていくゲームです。

先生は手でフラフープを持ち、その中を子どもたちをくぐらせます。

これは水深の深いプールではできませんが、
全身が水に触れることになるので、水に慣れさせるにはピッタリといえます。

◆ボール集めゲーム

プールに浮かんだ色とりどりのボールを集めていくゲームです。

時間内に誰が一番多く集めることができるか、みんなで競争させると盛り上がります。

先生、○○個集められたよ!

と楽しそうにはしゃぐ子どもの姿が目に浮かびます。

水深がある程度深めのプールなら、水の中に沈むボールを買ってきて、
水中ボール集めにしてみても面白いですよ。

今回のまとめ

以上、プール遊び(保育)で使えるゲーム5選を紹介してきました。

いろいろと紹介してきましたが、プールの水に顔をつけたり、潜ったりするゲームは、
最初は少し怖がる子どももいます。

子どもの成長具合に合わせて、最初は比較的簡単なゲームから始め、
徐々に難しいゲームにしていくといいですね。

やや対象年齢は上がりますが、以下の記事も参考にしてみてください。

※参考記事:小学校のプールで楽しめるゲーム7選!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PAGE TOP ↑