いい情報.com

かゆい所に手が届く「いい情報」を提供しています

健康・医学

インフルエンザで会社を休むと有給?無給?休業手当は?

2017/06/29

4874aeb73ad31e0ce1fbc473b77e8160_m

インフルエンザが流行する季節になりました。

インフルエンザに感染してしまったら、普通は会社を休むことになります。

他の従業員への感染を防止するため、
会社から休むよう指示されるケースも多いでしょう。

そんな時に気がかりになるのが、その休みがどう扱われるのか?ということ。

無給の欠勤扱いになると、人事考課などに影響してしまうため、
できれば有給扱いとしてほしいところ。

そこで、今回の記事では、
インフルエンザで会社を休んだ場合、有給休暇として扱われるのか?
という点について解説していきます。

Sponsored Link

インフルエンザで会社を休むと有給?無給?

有給休暇(有休)の取得は法律上の権利として認められていますが、
実際に有休を取得するには、事前に「申請」をすることが必要です。

事前の申請が必要なのは、
急に会社を休まれることで、会社の業務に支障をきたすのを防ぐためですね。

そのため、基本的には、
インフルエンザに感染→明日から有休をとります!というのは認められません。

この場合には、残念ながら欠勤扱い(無給)となります。

ただし、これはあくまで法律上の建前で、
会社は就業規則によって法律とは異なるルールを定めることができます。

そのため、最初にやるべきこととして、
まずは会社の就業規則がどうなっているか確認してみましょう。

インフルエンザについての定めがあるかもしれません。

会社によってさまざまですが、具体例には、

・診断書があれば有休の事後申請も認める
・有休が未消化であれば自動的に有休扱いとする
・病気休暇や特別休暇などとして扱う

などの対応が考えられます。

また、就業規則に定めがなく、無給の欠勤扱いとなる場合であっても、
インフルエンザの場合、通常5~7日くらいは会社を休むことになるため、
「申請があれば○日目以降は有休扱いとする」
といった処理も考えられます。

いずれにしても、まずは会社に相談してみることが必要です。

早急に総務などに問い合わせをしてみましょう。

Sponsored Link

休業手当が支払われる可能性は?

有休扱いとはならず、給料は支払われない場合でも、
休業手当が支払われる可能性はないのか?

この点、新型インフルの場合、
会社は「感染症予防法」により従業員に休むよう命ずることができますが、
季節性インフルの場合には、基本的には休むよう命ずることができません。

そのため、季節性インフルの場合で、
他の従業員への感染防止のため、会社から休むよう命ぜられた場合には、
会社都合による休業として、休業手当が支払われる可能性があります。

休業手当は、平均賃金の60%以上です。

ただ、会社都合かどうかはあらゆる事情を考慮して判断されるので、
すでに体調は万全で、感染の可能性はないにもかかわらず出社を拒否された、
などの特殊な事情が必要になるでしょう。

今回のまとめ

インフルエンザに感染した場合に有給休暇として扱われるかどうかは、
会社の就業規則によって左右されます。

そのため、インフルエンザに感染したら、
まずは会社の総務などに確認してみましょう。

また、本文で紹介したもの以外にも、傷病手当金という給付金も存在します。

こちらも請求できないかどうか、確認してみてはいかがでしょうか。

-健康・医学