スポーツ・レジャー

盛り上がるバスレク!大人や大学生が楽しめるもの7選!

2017/09/14

旅行や合宿などでバスを利用する際、みんなで盛り上がれるバスレクがあると便利です。

バスレクがあることで、バスの中の時間も退屈せず、楽しい旅行・合宿になりますね。

今回の記事では、大人や大学生でも楽しめる大人向けバスレクを厳選しました。

大学生のゼミ合宿、社員旅行などにぜひ活用してくださいね。

Sponsored Link

盛り上がるバスレク(大人・大学生向け)

バスレクの注意点としては、あくまでバスの車内ということで、
立ち上がる必要のあるもの酔いやすいものなどは避けるということです。

以下では座ったままできて、できるだけ酔いにくいバスレクを7つ紹介していきます。

◆イントロクイズ

曲のイントロだけ流して、曲名を当ててもらうクイズです。

曲は最近のヒット曲から始めて、懐メロ、アニソン、ボカロ曲、洋楽など、
参加者の年代に合わせてさまざまな曲を流していきましょう。

参加者の意外な趣味が判明してとても盛り上がりますよ。

◆風船時限爆弾ゲーム

バスの座席順で風船時限爆弾を回していきながら、
お題に沿った答えを答えていくゲームです。

風船時限爆弾が用意できなければ、キッチンタイマースマホのアラームでも代用できます。

▼お題の具体例
・映画やアニメなどのタイトル
・都道府県名や国名
・赤いもの(色シリーズ)
・丸いもの(形シリーズ)
・文字数を限定したしりとり
・〇〇から始まる言葉
・〇〇で終わる言葉
…etc.

風船時限爆弾(タイマー、アラーム)が爆発した時にそれを持っていた人の負け。

後半になればなるほど緊張感が高まって盛り上がりますよ。

負けた人には旅行や合宿などの感想を言ってもらうといいでしょう。

◆「箱の中身は?」ゲーム

箱の中に入っているものを手触りだけから当ててもらうゲームです。

箱は頑張って自作してもいいですし、
宴会グッズコーナーなどに売っている抽選箱を買ってきてもいいですね。

箱にはさまざまなものを入れておき、バスの座席順で箱を回していきながら、
1人1つ(座席のペアで1つ)、答えを答えていってもらいます。

※生き物やベタベタするものなどはNGです。

正解者にはそれを景品としてプレゼントしてあげましょう。

◆後出しじゃんけんゲーム

何の変哲もないじゃんけんでも、工夫次第で楽しいバスレクに変わります。

後出しじゃんけんゲームは、司会者が言ったとおりにグーチョキパーを出していくゲームです。

▼実践例1
司会者「負けてくださいね」
司会者「じゃんけんグー!」
司会者「じゃんけんポン!」

「チョキ」を出した人が正解

▼実践例2
司会者「次は勝ってください」
司会者「じゃんけんグー!」
司会者「じゃんけんポン!」

「パー」を出した人が正解

簡単なようで、続けてやっていると意外と間違えてしまいます。

間違えた人から手を下ろしていき、最後まで勝ち残った人の優勝です。

「勝たないでください」
「負けないでください」
「引き分けてください」
「引き分けないでください」

などと言い回しを変えていくと難易度が上がりますよ。

Sponsored Link

◆値段当てゲーム

司会者が買ってきた商品の値段を当ててもらうゲームです。

バスの座席順で商品を回していき、全員に回し終えたタイミングで、
手を挙げて答えてもらいましょう。

事前にLINEで専用のグループを作っておき、そこに全員が一斉に値段を投稿してもいいですね。

正解者にはその商品を景品としてプレゼントしてあげましょう。

ディスカウントストアや100均などで買ってきた商品を混ぜると難易度が上がりますよ。

◆写真当てゲーム

参加者の幼いころの写真を見せて、誰だか当ててもらうゲームです。

写真を拡大して見せてもいいですし、3~4枚くらい印刷しておいて、
それをバスの座席順で回していってもいいですね。

子どものころにやってもあまり盛り上がらない、大人ならではのゲームです。

◆観光地クイズ

観光地での観光をより充実させるため、観光地に関する豆知識をクイズとして出題しましょう。

問題は4択くらいの選択式にして、選択肢を見れば答えが分かるような簡単な問題にするといいですね。

クイズばかりでは飽きてしまうので、レクの合間合間に取り入れるといいです。

以上、大人や大学生でも盛り上がれるバスレク7選を紹介してきました。

この中で気に入ったバスレクがあれば、ぜひ大学生の旅行や社員旅行などに使ってくださいね。

-スポーツ・レジャー