追いコンのプレゼント!先輩に喜ばれる贈り物7選!

公開日:  最終更新日:2017/10/31

e0fa9c0ca532a042272ccdf030aaadff_m

先輩と過ごすのもこれが最後…。

2~3月は追いコンのシーズンです。

今回の記事では、大学のサークルやゼミ、部活などの先輩に喜ばれる、
プレゼントアイデア7選を紹介していきます。

この中から予算、先輩の人数に応じたプレゼントを選び、
ぜひ追いコンで贈ってあげてくださいね。

Sponsored Link

追いコンで先輩に喜ばれるプレゼント7選

◆寄せ書き

後輩からのメッセージを集めた寄せ書きは定番のプレゼントです。

基本的にはこの寄せ書きと、+αで何かプレゼントを贈るということになるでしょう。

色紙に書くなら、真ん中に先輩の写真を貼ったり、似顔絵を描いたりしてあげると喜ばれます。

色紙以外だと、メッセージツリー、スクラップブックなどに書くのも一案です。

◆花束・フラワーアレンジメント

これも定番のプレゼントですが、花束やフラワーアレンジメント。

人生でもらう機会はそうそうないので、ぜひ追いコンの機会に贈ってあげてください。

追いコンということで、以下の花言葉を意識して贈るのがおすすめです。

・スイートピー:門出
・カーネーション:尊敬
・ピンクのバラ:感謝
・白いダリア:感謝
・マーガレット:信頼

花言葉は、メッセージカードなどに書いておきましょう。

◆オリジナルグッズ

これは出し物についての記事でも紹介しましたが、
その団体オリジナルのグッズを作り、記念品としてプレゼントしてあげましょう。

例えば…

・団体の集合写真をパズルにしてみる
・先輩との思い出をすごろくにしてみる
・先輩の特徴などをカルタにしてみる

素材を提供し、業者に作ってもらうのもいいですし、
頑張って自分たちで作ってみてもかまいません。

そのサークル・部活ならではの、オリジナルなプレゼントになりますよ。

これら以外だと、団体のオリジナルTシャツなどを作るのも定番です。

Sponsored Link

◆ネクタイやハンカチ

これから社会人として働きだす先輩のために、
ネクタイやハンカチなど実用的なものを贈るのも一案です。

男性の先輩にはネクタイ、女性の先輩にはハンカチを贈ってあげましょう。

これらはいくつ持っていてもいいので、後輩からもらったものの、
「これどうしよう…」とはなりません。

ビジネスシーンでも使うことを考えて、あまり派手すぎないものを選ぶのがいいです。

◆ボールペンや万年筆

これらは社会人になる先輩だけでなく、大学院に進学する先輩にも喜ばれます。

ボールペンなら、少ない予算でもかなり立派なものを買うことができますよ。

特別感を出したいなら、名入れにしてみるといいですね。

◆マグカップ

これは普通に贈ってもかまいませんが、先輩の名前や写真などを印刷して、
オリジナルマグカップを作ってみるのもおすすめです。

消耗品ではないので、いつまでも使い続けることができ、
その度に当時のことを思い出してもらうことができますよ。

◆商品券、ギフト券など

プレゼントに困ったら、定番の商品券やギフト券など。

クイズやゲームの景品としても使えます。

追いコンには少し堅いかもしれませんが、もらって嬉しくない先輩はいません。

番外編:ウケ狙いのプレゼント

ウケを狙いたいなら、先輩ごとに贈るプレゼントを変えるといいです。

例えば、アロマオイルは、種類によって効果・効能が全く違います。

・集中力がない先輩にはこれ
・失恋したばかりの先輩にはこれ
・いつもダルそうな先輩にはこれ

など、先輩によって贈るアロマオイルを変えてみましょう。

また、700~800円くらいの新書もいいかもしれません。

今の先輩に必要な本、悩みを解決してくれる本を選びましょう。

今回のまとめ

追いコンで先輩に喜ばれるプレゼント7選を紹介してきました。

プレゼント選びのポイントとしては…

・いくつあっても困らないもの

を選ぶということです。

例えば手帳名刺入れなどは、確かに実用的ではありますが、
すでにお気に入りのものを持っているかもしれません。

大学から「卒業記念品」としてもらえる場合も多いです。

先輩と親密で、先輩のことをよく知っているなら、ウケを狙ってみるのも一案ですが、
先輩を傷つけてしまわないように注意しましょう。

今回の記事で紹介したプレゼントを参考に、喜ばれるプレゼントを贈ってあげてくださいね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑